TOP > 政治・経済 > ミャンマー、拘束の北角裕樹さんを起訴 大使館は早期解放要求 | 毎日新聞

ミャンマー、拘束の北角裕樹さんを起訴 大使館は早期解放要求 | 毎日新聞

13コメント 2021-05-04 12:26  毎日新聞

 在ミャンマー日本大使館は4日、最大都市ヤンゴンで治安当局に逮捕されたフリージャーナリスト、北角裕樹さん(45)が3日に「虚偽ニュース」を広めた刑法違反と入国条件に違反した入国管理特例法違反の罪で起訴...

ツイッターのコメント(13)

こちらも進展が気になるところ。
日本の大使館はあてにならない
違法な事をしたのに解放しろはおかしくない?
それとも違法な事自体をしていないの?
え、北角さん起訴された!?
日本ミャンマー協会どうなったんだ、何してるんだ、即時釈放を求めないの?

国会議員やOBが名簿に並んでるじゃないですか、皆さんどのように動かれているんですか?

|
「大使館によると、警察から「3日時点で健康上の問題はない」との説明を受けたという。大使館は4月23日に北角さんと電話で話をした。引き続きミャンマー側に早期解放を求める。」
まだ拘束されているのか·····
北角裕樹、起訴されるのは初めてか……? 橋下徹の手下として大阪市立中学校で最悪の「民間校長」だったときは、生徒たちにあれだけひどいことをしても暴行や傷害罪で起訴されてはいなかったのだろうか?
ミャンマー情勢を取材していた日本人フリージャーナリストの起訴。一刻も早い解放が望まれます。
裁判期日は未定。虚偽ニュースを広めた罪の刑は最高で禁錮3年。入国管理特例法違反の刑は最高で禁錮5年となっている。
警察は「3日時点で健康上の問題はない」と説明。引き続きミャンマー側に早期解放を求める。
今回の18カ国報道自由声明を日本が回避したことの意味は、本当に深刻。各国は、日本が国軍に恫喝され、他国の人々を見捨て、ただ自国民の保護だけを国軍に懇願してるのではないかと疑っていると思う。
ミャンマーで治安当局に逮捕されたフリージャーナリスト、北角裕樹さんが、「虚偽ニュース」を広めた刑法違反と、入国条件に違反した入国管理特例法違反の罪で起訴されました。在ミャンマー日本大使館が明らかにしました。
大使館は早期解放要求...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR