TOP > 社会 > 桜井よしこ氏、養子縁組提案も 皇位継承有識者会議初ヒアリング | 毎日新聞

桜井よしこ氏、養子縁組提案も 皇位継承有識者会議初ヒアリング | 毎日新聞

30コメント 2021-04-08 21:31  毎日新聞

 安定的な皇位継承策を議論する政府の有識者会議(座長・清家篤前慶応義塾長)は8日、首相官邸で第2回会合を開き、皇室制度などに詳しい専門家への初のヒアリングを実施した。ジャーナリストの桜井よしこ氏は、皇...

ツイッターのコメント(30)

養子縁組の目的は
男系血統を守るためで
養子の使命は
一にも二にも男子を作ること。

男子ができなければ
イバラの毎日になり
男子ができれば
その子は天皇になる。

その子は将来
皇族の養子になった父親の判断を
どう思うやろな?

皇位継承
女性宮家
森喜朗氏の「わきまえ」論で日本の恥である男尊女卑の悪習が世界中にバレましたが、日本の女性差別の悪習を象徴するものが男子限定皇位継承です。ヨーロッパ先進国並みに女性天皇も女系天皇も認めて、日本も世界の先進国と肩を並べたいものです。
あんたらの願望の為に、人間を道具のように使ってよいのかね?

"桜井氏や八木氏、新田氏は保守系で、「伝統の破壊」などへの懸念から、そろって女性天皇や女系天皇に否定的な考えを示した。"
桜井や八木のどこが「有識者」なのか。
こういうところが、男女平等じゃない。
何故なのか。
男性が、皇位すべきだという考え方になるのか分からない。
不平不満ばかりで、説明をちゃんとすべきだ。
ただ、男性が、皇位すべきだけだと中傷過ぎる。
>>この日招かれた専門家は桜井氏とジャーナリストの岩井克己氏▽慶応大の笠原英彦教授▽皇学館大の新田均教授▽麗沢大の八木秀次教授の5人>>

専門家?
毎日
人間を絶滅危惧種のトキやパンダ扱い。これを国家がやって違和感を持たない国民。天皇教国家だよね。
意見聴取:桜井、岩井克己、笠原英彦、新田均、八木秀次。桜井、八木、新田は女性・女系天皇を否定。
天皇制の存続のためには何といっても側室が欠かせないと思う。
昔からの伝統だった側室制度を復活させればいいのに。
出た〜、日本会議。
もう側室OKにしようぜ🙆‍♂️
桜井や八木が出てるだけで何とも。皇室と右翼は一心同体である。
「伝統の継承」を言うなら天皇直系のみが認められるんじゃないの?女だろうが男だろうが直系が継ぐ、でスッキリです。旧宮家から養子縁組って血が濃くなって何代にもわたる影響計り知れないし、血統崩れるだけで何もメリットないじゃん。滅茶苦茶だ。
男系女子なら女性天皇も有りだし先例もある。 が、女系女子の女性天皇は皇統が断絶するので当然無し。 旧宮家から養子と言うのは落とし所としては良いのかな?
皇位継承は我が国の国体である皇室が国民とともにあるために、後世に渡って安定的でなければならない。
旧宮家の皇籍復帰もありだと思うが、内親王に限って皇位継承資格を認めることや女性宮家創設もあるべき。
桜井さん、頼もしい。
この日招かれた専門家は5人で、内3人が怪しげな人。
 あの桜井よしこ
 神政連政策委員の新田均
 統一教会と関わりが深い八木秀次
こんなのを有識者に選んでおいてヒアリング。まともじゃない。
この有識者会議、ほぼ日本会議の集会じゃん。
笠原・岩井両氏の考え方は皇室が2681年に渡り続けてきた皇統の廃止に繋がりますので、採択すべきではありません。

いろんな考えがあるとは思うけど,世襲とか血縁というのはやはり現代の民主主義国家にはそぐわないものだなと思える。とりあえずは今のルールのまま進めて,後継者が不在になれば「自然消滅」でいいのかなと思える
桜井よしこみてーなバカを入れてる時点で「有識」って建前を全否定してるのが笑える。/
取り敢えず「極右」を呼ぶという「ワザ」。
すごワザ! 議論の結果は見え見え!
そもそも女系とか女性宮家とかいう奴をメンバーに入れるな❗️っつーの❗️
養子縁組とかいうが、養子に取る側の時の陛下なり東宮家なりにそれを断る権利があるんかね?訳のわからん遠縁を無理やりお宅の跡取りだとあてがうなんて真似を本気でするつもりか。
本日の初ヒアリングの速報です。
「この日招かれた専門家は桜井氏とジャーナリストの岩井克己氏▽慶応大の笠原英彦教授▽皇学館大の新田均教授▽麗沢大の八木秀次教授の5人」

「専門家」!🤣🤣🤣
なんの専門家なのでしょうか
養子縁組の対象をどう決めるつもりなのかも提案したのだろうか

> 桜井よしこ氏は、皇室の安定化に向けて「(旧宮家の血を引く男子を皇籍復帰させる)養子縁組を可能にすることが最も現実的」などと提案した。
じゃ小室さんを秋篠宮の養子に。
(毎日新聞) 首相官邸=本社ヘリから 安定的な皇位継承策を議論する政府の有識者会議(座長・清家篤前
皇位継承有識者会議初ヒアリング...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR