時代の風:世界観、思春期に形成 世代交代が社会変える=長谷川眞理子・総合研究大学院大学長 | 毎日新聞

14コメント 2021-03-14 05:32 毎日新聞

 元首相で、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長をしていた森喜朗氏が、「女性がたくさんいる会議は時間がかかり過ぎてよくない」といった内容の発言をし、それが問題視されて辞任した。

ツイッターのコメント(14)

頭が古い女性もいる。たとえば曾野綾子。//
森喜朗氏の戦前の世界観は今さら変えようがない。だから、社会を動かす人々の間で世代交代は必須。
「個人の基本的な世界観や人間観は、思春期から20歳ごろまでに作られるらしい」
このように述べるのなら、「森氏は83歳だ。彼の基本的な世界観が作られたのは、戦前なのだろう。」という記述はおかしいと思う。
は〜。紹介された研究内容に驚きもあり、納得する部分もあり。

時代の風 世界観、思春期に形成
:私もほぼ昭和に生きたがそれが何か問題なのだろうか?昭和・平成には断裂があるの?
これは!
思春期にできた世界観が一生のベースと。
他者の行為を感情より理性で捉える環境でそんなことが人間に培われるなんて。
今の日本だと怖いものを感じるが。
人間は自分の頭で考え、それぞれの場面に応じて適切に対処していくことを学ぶ。しかし、基本的な価値観、人生観は、思春期ごろまでに経験したことに基づいて作られる
全共闘M
「人間は、自分の頭で考え、それぞれの場面に応じて適切に対処していくことを学ぶ。しかし、基本的な価値観、人生観は、思春期ごろまでに経験したことに基づいて作られるのだ。それ以後、変化に応じて行動や発言を変えてはいくものの、考え方の基本は変わらない」
現在50代40代の世代は森氏の世代に「飼い慣らされた」世代である。たんに「世代交代」というだけでは、どう「社会が変わる」のかも危ういのでは?
「(アメリカ)南部育ちの男性は、いろいろなさまつなことでも自分に対する挑戦とみなし、そのけんかに自分が勝つことが重要だと思っている。」
森喜朗氏が自身の発言を問題視されて辞任しました。ここでは少し異なる角度から考えてみます。それは、個人の世界観がいつ、どのようにして形成されるかです。
いつまでもだらだらと同じテーマか。若い奴の中にも森氏と同じような考えを持っとる奴は結構おるわ。単に世代交代だけで変わるもんじゃねえ。育った家庭環境が一番大きな要素。親を見て子は育つ。それが分からんようじゃ評論出来んわな。
長谷川眞理子さんの時代の風です。米国での実験。南部文化で育った男性は、自分への発言を侮辱ととらえ反撃しやすい傾向があり、北部文化の男性にはそれがないと。この違いは思春期から20歳ごろまでにできるそうです。森喜朗氏の発言からの考察。だから世代交代が必要だと。
以上
 
PR