TOP > スポーツ > 五輪のために積極的疫学調査縮小? 保健所長が明かす現場の実情 | 毎日新聞

五輪のために積極的疫学調査縮小? 保健所長が明かす現場の実情 | 毎日新聞

20コメント 2021-02-22 16:05  毎日新聞

 東京都の新型コロナウイルス新規感染者数が減ったのは、積極的疫学調査を縮小したからではないか? インターネット上ではそんな意見や、東京オリンピック開催との関連を疑う声まで見られる。また、聖火リレーの中...

ツイッターのコメント(20)

東京では24日の感染者数が213人らしいが、検査数1千数百人あたりの数字で増減の議論をしたって無意味。大阪だって兵庫だって実行再生産数が1に限りなく近いのにもう大丈夫だから解除要請って。
元日も担当職員は午前様!保健師は天から降ってくるわけではない、物理的に無理、で方針転換?
保健所が人手がないというが、増やせばいいではないか。保健師でなければできない分野もあるのかもしれないが、そればかりではないことは和歌山県が証明しているのでは。
(有料記事ですので) 記事の結論は分かりませんが五輪のためならどんな悪事も平気なカスのこと、結論は見えています。積極的な疫学縮小!
積極的疫学調査とは、陽性者の行動履歴を確認して、濃厚接触者や感染経路を追跡する調査のこと。

では、CT値(感染の精度のような値)を緩くしたのは?
これも感染者は減る。
"聖火リレーの中止検討を表明した島根県の丸山達也知事は(東京都の)調査縮小に触れて「五輪開催資格がない」と述べた。"
しらみつぶさない、のですね…
ニッポン終わったな💢
感染経路不明の割合は追跡調査をやめれば上がるはずだが、通知前の62.7%(1月1~21日)から、通知後は50.8%(1月22日~2月19日)と減少している。
「春先になると風邪は減る」がここまで大ニュースであるかの様に扱われたのは、恐らく人類史上初めてではないだろうか。今この問題を真剣に考察している人達は、後でこの瞬間を黒歴史認定することになるだろうな。或いは単に記憶から消去するか。>
不十分な検査体制のせいで、無症状者が陽性者と判明しないまま市中にいる訳です。どのくらいいるのかもハッキリわからない訳です。記事中にあるように「感染経路不明の割合は追跡調査をやめれば上がるはず」とはならないでしょ?
😷/ 健さんも怒っているのではないでしょうか。
ダム建設や基地建設も常に 目先の利益(金)>>>自然環境や住人 だけど、五輪でも 目先の利益>>>国民の健康 が炸裂していて(呆)
まじで日本は一度滅んだ方が良い

:おいおいおいおい!五輪のために科学まで捻じ曲げるのか?最悪の政府だ。
五輪のために積極的疫学調査を縮小したのではないにしても「優先度をつけて対応しなければ物理的に限界がある」「リスクの高い人たちを守る」だけというならば、もう、「安全、安心の東京五輪」は無理というしかないだろう。
ウイルスが人間の都合でどうかすることはない。
疫学調査をごまかしても日本が国外から総スカンで避難、日本の経済への長期的ダメージ絶大。
関係者が特定されれば自殺ものになるだろう。
【 】
「ファクターX」で東アジアは総じて感染者数がすくないが、日本だけダントツ。
どうして?アベ晋三のいう「日本方式」とGoToイート&トラベルだろう。
アベ、ガースー、二階が元凶。
「『種火』が残っているのは疫学調査が行き届いていないからで、保健所も大変だが何とか人を増やすなどして対応しないと緊急事態宣言解除後にまたリバウンドしてしまう」と危惧しているという。」
投げやりな都職員曰わく「以前から積極的調査ができていた自治体と、できていなかった自治体があったのが現実。通知はその状態を追認した形になっただけ」
厚労省のデタラメ日本独自クラスター対策方針は、現場のやる気を削ぐ。
《やってもやらなくても大差なし》
「優先度をつけて対応しなければ物理的に限界」。コロナ感染者の積極的疫学調査を担う、保健所のある所長は窮状を訴えます。一方、「何とか人を増やすなどして対応しないと宣言解除後にリバウンドしてしまう」と、疫学調査縮小を危惧する声もあります。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR