TOP > 科学・学問 > 体長2センチの新種カメレオン マダガスカルで発見 - 毎日新聞

体長2センチの新種カメレオン マダガスカルで発見 - 毎日新聞

13コメント 2021-02-13 17:26  毎日新聞

 アフリカ南東部の島国マダガスカルで、体長が2・16センチしかない新種のカメレオンの個体をドイツなどの研究チームが発見した。既に成熟しており、尾の部分を除いた長さの1・35センチは爬虫(はちゅう)類の...

ツイッターのコメント(13)

これは.… か?😀って思った
煮干しと間違えて食べちゃうサイズだ😄
うわあ…ちっちゃ!!!
ちっちゃ〜〜〜!!!かわよ〜!!!
一寸の虫にも、五分の魂
五尺の人間にも、五分の意地
ロマンやなぁ〜〜〜〜👻
新種の人間もいるかもしれないですね⁉️🤭
世界最小の爬虫類とみられます。アフリカのマダガスカルで、体長2.16センチ、尾の部分を除いた長さは1.35センチの新種のカメレオンが見つかりました。
いや可愛すぎるでしょ
でもやっぱり絶滅危惧種の可能性があるんですね
森林地帯での発見ということで、森林開発による生息環境の悪化は免れませんよね
足がカメレオンぽく無いね。
マダガスカルで発見...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR