TOP > 社会 > 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃 - 毎日新聞

「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃 - 毎日新聞

19コメント 2021-01-26 22:21  毎日新聞

 北海道旭川市の旭川医大病院で起きた突然の院長解任。吉田晃敏学長らは26日に開いた記者会見で解任の正当性を強調したが、古川博之元院長は「結論ありき」と反論した。【渡部宏人、横田信行】

ツイッターのコメント(19)

大いなる脅威を前に人類はいがみ合う。宇宙人の侵略を受けた人類がそれをきっかけに人類同士の大戦争を繰り広げて滅びる映画とか作ったらリアルかも
この写真、右は松野Jrだよね>
このコロナ禍のご時世、内輪もめしている場合じゃないだろと思う
旭川医科大学、どこのワンマン大学かと思ったら、国立大学やん。
大学学長の必須条件は教養・人格よりも不知と不恥ですか。
いつの世も、権力争いの犠牲者は下々の者なんかなぁ。

「どうしてこういう暴論がまかり通ってしまうのか」。同大元助教授の水元俊裕さん(80)は戸惑いを隠さない。「あり得ると思っていたが、非常に強引なやり方だ。役員会も学長の指示通りに動く人間しかいなかったのだろう」
♪ここらで止めでも いいコ~ロ~ナ~♪
こんなこと許されるのか?
同大OBによる学長解任の運動もあるようで。
⇒ 「学長の発言を巡っては、文部科学省がパワーハラスメントの可能性があるとして事実確認中。」
※可能性、じゃないでしょ。完全アウト!だよね。ビデオで判定してみたら?
「古川氏と大学側の主張にずれがあるまま処分を出した点を疑問視する質問も出たが、十分な説明をしないまま会見は打ち切られた」
旭川医大の異常なパワハラ学長。
ただ単なる内紛なら良いのだけど、草津の件もあるので何かしら仕組まれていたら嫌だな…
北海道は他の大学でもあったようで、ちょっと気になった記事
北海道大学の名和学長のパワハラ問題もあったが、こういうのは内紛が表に出てしまいやすい土地柄なのか、あるいはガバナンスの体質が古いからなのか?いろいろありそう。
2007年から同じ人物がずっと学長を務めている。
≪吉田晃敏 学長の発言を巡っては、文部科学省がパワーハラスメントの可能性があるとして事実確認中。(中略) 福田弁護士 (旭川医大の顧問) は、1/25の全学説明会でも出席者から「拙速ではないか」との指摘が出たことを認めたうえで「手続きに不備があったとは考えていない」≫
北海道旭川市の旭川医大病院で起きた突然の院長解任。吉田晃敏学長らは記者会見で解任の正当性を強調しましたが、古川博之元院長は「結論ありき」と反論しました。
関係者に衝撃...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR