TOP > 政治・経済 > 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは - 毎日新聞

政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは - 毎日新聞

88コメント 2021-01-25 12:06  毎日新聞

 新型コロナウイルス感染症の流行が一向に終息しない。日本は「ウィズコロナ」と銘打って、新型コロナ対策と経済活動を両立させる道を選んできた。感染が拡大したら自粛要請や緊急事態宣言の発令のように経済活動に...

ツイッターのコメント(88)

この記事自体は正しい。しかしそうなると毎日は結局両論併記で記事というか事象に対する言動の責任を放棄しているということにもなる
流行を完全に封じ込めないがために、何度も感染が拡大して、結局はその度にロックダウン(都市封鎖)や緊急事態宣言の発令に追い込まれています。経済活動が止まり、国民は大きなダメージ
よい記事(^_^)
インタビュー記事は人選が第一。テーマが適切で聞きたいことが明確だから、記事も良くなるんだね。
アベ・スガ政権の対策は初めからおかしかったよ。😔
全豪オープンを見習って日本も大規模検査だ⤴️
徳田安春先生にお話を聞いている、最初から最後までまともな事しか書いてない記事。毎日新聞もやればできるやん。
「流行を完全に封じ込めないがために、何度も感染が拡大して、結局はその度にロックダウン…や緊急事態宣言の発令に追い込まれています。経済活動が止まり、国民は大きなダメージを負っています。当初に設定した「新型コロナとの共存」という目標が間違っていたのです」
「日本だけでなく欧米の例を見ても、新型コロナの市中感染をある程度、容認しながら経済活動を継続させようとしても、うまくいかないことが明らかになりました」。
では感染拡大を繰り返す、その内、変異も起こす

>市中感染をほぼゼロまで抑え込むと同時に、国外から持ち込まれるウイルスは空港などの水際で封じ込めることです。

疫学専門医師が訴える - 毎日新聞
1.25 毎日 - ・「検査の目的を見誤っている」厚労省助言組織の主張 ・飲食店が「急所」に見えるカラクリ ・感染を「自己責任」として責める風潮が逆風に
maybe just maybe
ウィズコロナ(新型コロナ対策と経済活動を両立)が
was a bad idea
でもdon't worry
失敗は成功のもと!
NHK番組「総合診療医ドクターG」で披露した徳田安春医師(臨床疫学)は「ゼロコロナ戦略」を訴える。衆議院の代表質問でも取り上げられにわかに注目を集める「ゼロコロナ」
「ウィズコロナ」が間違ってたことは、今の感染者数見れば一目瞭然。NZがゼロコロナ戦略で押さえ込みに成功してることと対照的。
“政府のウィズコロナ「間違っている」? ”
“今年の流行語はゼロコロナになってほしい”

徳田安春医師からの提言です。
ゼロコロナ戦略!刮目です!
立憲民主党が明確に「ゼロコロナ」を打ち出したのは👍
そもそも「ウィズコロナ」の発想自体からして間違いであり、感染経験者への配慮に欠け、行政の感染対策の拙さを正当化する言い訳にも成り得る”愚かしい魔法の言葉“でしかない。

政府のウィズコロナ「間違っている」?
ほんだで言っとるがね!
だーれも
withした無いって。
withコロナ?
コロナと一緒に居たいの?
ドたわけ?クソたわけなの?
【重要】✨
● 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは( )「日本だけでなく欧米の例を見ても、新型コロナの市中感染をある程度、容認しながら経済活動を継続させようとしても、うまくいかないことが明らかになりました」
台湾やニュージーランドは面積も小さく人口も少ない。外国人を含めた出入国者数も全然違う。しかも国民もメディアも政府のロックダウン政策に文句を言わず一致協力しとる。日本とは大違い。従って同じ尺度での比較は出来んわ。ゼロコロナ戦略など日本では絶対に不可能。
政府のウィズコロナ「間違っている」 「日本だけでなく欧米の例を見ても、新型コロナの市中感染をある程度、容認しながら経済活動を継続させようとしても、うまくいかないことが明らかになりました。」徳田安春医師(臨床疫学)
最低限ここに書いてあることやればいいだけだし、2020年春頃からずっと野党が要求してることばかりじゃないか。時間もあったし方法もお金もあるのに、なぜやらない。
日本にはコロナ関連の専門家が次々に湧き出してるみたいですね。
2021/1/25記事。立憲民主党が”ゼロコロナ”といいだしているが、それにとても親和性の高い議論。ここにはオペレーション実施の担保の台湾や中国で実施の罰則とかの議論がない。"東京五輪の選手村"についても既に分譲用として入居者が契約しており彼らのことを無視している。
“マスクを外して感染者と飲食をしていると濃厚接触者となるため、飲食店での感染ばかりを見つけているのです。
 実際には家庭や職場内などでの小規模な感染が多く積み重なっている”
何となく思ってたことを理論的に解説してて納得!第3派が収まる時期には是非この方針でお願いしたい。
確かに日本は検査好きな人多いと思う。検査を使って「ゼロコロナ」を目指すのは向いていると思うし、上手く行くと思う。
新型コロナの市中感染をある程度、容認しながら経済活動を継続させようとしても、うまくいかないことが明らかになりました。
中国や台湾、などで、ゼロコロナ戦略は成功
「マスクをしていると感染者の近くにいても濃厚接触者の条件に該当せずに検査されない一方で、マスクを外して感染者と飲食をしていると濃厚接触者となるため、飲食店での感染ばかりを見つけているのです。」
事なかれ主義が蔓延していると、こういうデタラメがまかり通る。
「流行を完全に封じ込めないがために、何度も感染が拡大して、結局はその度にロックダウン(都市封鎖)や緊急事態宣言の発令に追い込まれています」
「専門家の判断を尊重しろ」マンはこの方を専門家だと思わないのかね
そもそも「ウィズコロナ」なんつー言葉がマスゴミから言われた時から冬はこうなると予想できたけどね。昨年から進歩ねえなと( ;゚皿゚)ノシ
全文読みたいところですが(有料記事)それでも結論は書かれています。
(本文より)『「新型コロナとの共存」という目標が間違っていた』
「ゼロコロナ戦略」は正しいと思うけど、「飲食店(外食、会食)が感染の急所」と言うのは紛れもなく本当だと思いますよ。現に関東で新規感染者数が減ってきたでしょ?
記事で記者が「流行を止めることは可能なのでしょうか」とおバカな質問をしている。中国・台湾・ベトナム・NZ・オーストラリアを筆頭に、流行を食い止めている国々は世界中でいくつも存在する。何年たってもマスメディア自体が井の中の蛙、ガラパゴス・ジャパンそのままだ。
菅政権では国民の命と暮らしを守れません。
#菅政権の内閣総辞職を求めます
NZは全陽性者のウイルスゲノム解析がZeroコロナの鍵。感染ルートを一つ一つ丁寧に潰しています
「私達は時間を巻き戻す作業をしてるんです」とゲノム解析する政府科学者の弁
ゼロにできるなら世話はありません。現実の生活との兼ね合いでできないから、ウィズコロナで行くしかないのでは。
有料記事:徳田先生のインタビューが読めます。
[毎日新聞]


「日本だけでなく欧米の例を見ても、新型コロナの市中感染をある程度、容認しながら経済活動を継続させようとしても、うまくいかないことが明らかになりました。…
「政府がPCR検査の価値を低く見積もって、検査を抑制してきたために、症状のある人でさえ検査を受けたがらなくなってしまいました。」
なるほどね
いろいろ示唆がある記事だ。

「人間ドックを自費でも受ける人がいるように、本来、日本は検査が好きな人が多いのです。簡易なキットを使って自分で検査をできるようにすれば、検査好きの日本人の行動様式を活用して新型コロナを封じ込める有力な手段となりえます。」
新型コロナウイルス感染症の流行が一向に終息しない。日本は「ウィズコロナ」と銘打って、新型コロナ対策と経済活動を両立させる道を選んできた ...
徳田安春先生だ❤️
⇒・その度にロックダウン(都市封鎖)や緊急事態宣言の発令に追い込まれています。・当初に設定した「新型コロナとの共存」という目標が間違っていたのです、という。示唆満載
2021年1月25日
「ウィズコロナ」
”感染が拡大したら自粛要請や緊急事態宣言の発令のように経済活動に制限をかけ、ある程度抑え込んだら政府の旅行需要喚起策「GoToトラベル」のように経済を活性化させるという方法”
これとは相反する「ゼロコロナ戦略」を訴える
政府のウィズコロナは完全に間違っている。特に分化会や専門家会議が政治家の忖度に乗り、PCR検査などについて世界の常識を超越していることですね。
ゼロコロナ、ウイズアウトコロナ。
「第1波」が落ち着いた昨年5~6月や、「第2波」の後の同9~10月が、ゼロコロナ戦略を実施する好機でした。我々はずっと主張していましたが、政府はウィズコロナの方針を変えませんでした。
もっと見る (残り約38件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR