TOP > 政治・経済 > 契約額は「22円」 三菱電機、ミサイル監視の衛星研究を驚きの低価格で受注 - 毎日新聞

契約額は「22円」 三菱電機、ミサイル監視の衛星研究を驚きの低価格で受注 - 毎日新聞

231コメント 2021-01-23 07:06  毎日新聞

 契約額は破格の22円――。防衛省が、中国や北朝鮮などが開発する新型ミサイルを人工衛星で監視する最新技術の調査研究を委託するため、競争入札にかけたところ、大手総合電機メーカーの三菱電機が22円で受注し...

ツイッターのコメント(231)

エンジニアの単価計算、月3円とかなるんだろうか
*【】「契約額は『22円』三菱電機、ミサイル監視の衛星研究を驚きの低価格で受注」

… 1月23日付の毎日新聞より。
22円か
ある意味国思いの素晴らしい会社だな
なんで22なんだろうな
/
システム開発の際には百円で受注しろよ。三菱電機。今後も企業努力とやらで、百円以下で入札しろ。
懐かしいかおり。何か後の見込みがあるのでしょうね。 →
自動車でコケて、旅客機ポシャって、次は監視衛星…。
三菱がかってのGMやクライスラーみたいな補助金中毒になってこういう仕事しか廻せない体質になっている可能性カノッサは怖くて言えない。
契約額は破格の22円――。
… んー理解に苦しむ。ミサイル監視装置を納入する際に、超高額の売上を期待? それはダメなので、ミサイル監視装置の仕様をオープンにして競争入札を!・・・って確かに難しいな。 | 毎日新聞
低入の調査入ってOKってどんな調査だろう
22の数字の意味
改革、貢献 使命!
この時期にこの数字…
この価格でという事は
バッグにやはり
A国→新!?
隣国の動きに備えて
装備は必要!そして
何故かaちゃんと🐯ちゃんの
顔が浮かぶ🤔😅
三菱さんさっすがー
いや、さすがにこれは…
こういうニュースは凄く興味を持ってしまう
詳しい訳ではないのだけど、どういった流れで22円を提示したのか
数百円っていう価格もあったというので1円刻みの交渉だったのだろうか(笑)



三菱電機は大赤字で請け負っても、その後に黒字化できる何かが有るのだろうな……。
こういうのやめようよ。、
見積書に見積もり内訳とか検討書とか付くだろうに、それはどうだったんだろう
実現性がない見積もり内容を採用しない仕組みがないということになるが…
これ、予算決算及び会計令第86条の低入札価格調査の対象にならないの?
実績作りしたいは建前でしょうね
受注するだけなら、この金額にする必要はありませんから
22円じゃ乾電池も買えないね
パワープレイ…
これを使って左界隈は非難する方に一票
5秒位で終わる仕事ってことよね😌
そもそもが入札最低価格をなぜ設定しないんだ???🤔🧐
高くても安くても適価でもどうせ因縁つける癖に。
入札って最低入札額みたいなのがあるイメージ。
防衛省が安く発注できるなら安ければ安い方が良いと考えて最低額1円だったのなら、もしかしたら三菱が22円でとったけど、他の会社も30円とか100円とかあったのかもしれないね。
三菱電機は毎日新聞の取材に「防衛省との契約関係があるので回答は控える」と答えている。

世の中、全部これで通るようになっちゃった。22円。。。
なんだろう。それでも利益が見込めるのかな。研究→開発→製作→受注独占の流れ?
「技術開発ロードマップと合致していて、開発部署に既に予算の目処が付いていた」ということだろうなあ。政府補助なしでも将来的にはペイすると見込んだうえで、お墨付きは得たかったのではないかと。
後継の契約を見据えた入札だったのでしょうか。
「どうしても受注したかったからではないか」とのことだが、なぜ100円とかでもなく22円なのか気になる。:
22円はなんかバカにされてる気がする…
どうせ本番の衛星システムも三菱電機しか受注出来なさそうなものなのに
もう少し金額に遊びを持たせて欲しかった
よもやよもやだ。
嫌なやり方だねぇ……

『同省は想定していた調査研究費を明らかにしていないが、少なくとも数百万円以上とみられる』
なんだこの金額は?防衛を軽視しているのか?防衛にうまい棒2本程度にしか価値がないと。
メンテ費用でボッたくった分
差し引いた結果じゃね?

半ば口封じだったり😅
俺が払おうか?
三菱電機だけの問題ではないな。重工も絶対絡んでる。
あまりにも非常識だ。
国防案件はとんでもない闇がある。
「22円」は見積書を書いた時間の人件費にもならないでしょう。
この見積もり内容の明細はどうなっていたのだろう。一式かな。防衛庁は弁護士に相談して問題ないとしたということだが、一式表示だったら、本来はその明細を聞くべきでは。
日本のミサイル監視システムは22円で開発されたと、そんなふうに世界から揶揄されないことをただ願うばかり。

防衛という国にとって非常に重要な分野で、未だにこういうことがまかり通ること自体、国際的にみれば異常な国。
関係者は「人工衛星による警戒監視や『リム観測』研究開発の将来性を踏まえ、どうしても受注したかったのではないか」と指摘。一方で「政府の負担が安く済むとはいえ、企業努力ならいいが、そうではないなら世間の理解が得られないかもしれない」との懸念を示している

↑激安
低価格入札は、発注者にとってコストを抑えられ、業者としても関連業務を含めて次年度以降の随意契約を勝ち取れる、実績づくりになって同業他社の中で優位に立てるなどのメリットがある。
逆に体力のない企業は入札出来なくなり独占禁止法かどうかというのが争点です。
間違えたの?入札金額??? " - 毎日jp-ニュース速報(総合)
まあ,国契約業務で,ましてやマル防業務で,「役務」業務は普通に受けても赤字必至なので,その後に続く「製造」(ハードウェア)契約に繋げるための「投資」でしょう。
研究開発を受注してそのまま実用化すれば簡単に元の何倍もの金が動くので、数百万なんか要らんぞという考えなんだろうけど、それってどうなん
もっと見る (残り約181件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR