TOP > 政治・経済 > 米連邦政府、67年ぶりに女性の死刑執行 トランプ政権、交代直前に強行 - 毎日新聞

米連邦政府、67年ぶりに女性の死刑執行 トランプ政権、交代直前に強行 - 毎日新聞

28コメント 2021-01-13 17:21  毎日新聞

 米司法省は13日、絞殺した妊婦(当時23歳)の胎児を奪って誘拐したとして、死刑判決を受けたリサ・モンゴメリー死刑囚(52)の刑を中西部インディアナ州の刑務所で執行した。同州の連邦地裁が11日夜、精神...

ツイッターのコメント(28)

これかぁ

>判決などによると、モンゴメリー元死刑囚は04年12月、ミズーリ州で妊娠8カ月だったボビー・スティネットさんを絞殺。腹から胎児を取り出し、誘拐した。
悲しい。
彼女のために祈るだけだ。
>バイデン次期大統領は死刑廃止を公約しており、

米国の死刑廃止は流れを変えるでしょうね。
死刑という、割合に感情的で安直な刑が無くなるわけで、「考える刑法」等が成長しそう。
(本文要旨)『トランプ政権は昨年7月、17年ぶりに執行を再開。11月の大統領選前までに7人に執行し、政権移行期に入っても3人に執行した。米国では政権移行期に死刑を執行しないのが130年以上の慣例。バイデン次期大統領は死刑廃止を公約しており、政権交代まで7日だった。』
なんとしてもトランプ政権を悪に仕立て上げないと都合が悪いんだな。
妊婦を銃殺して、お腹の胎児を盗むような人は近くに住んでいてほしくないです。
本人の死ぬことの認識具合なんて知ったこっちゃないです。
米連邦政府、
トランプ政権は、67年ぶりに女性の死刑執行。
交代直前に強行

バイデン氏は死刑制度に反対しているからね。
死刑にしたか
意図に反し、魂を売った最高裁判事の冷血さが露呈する。
"妊娠8カ月だった…スティネットさんを絞殺…腹から胎児を取り出し、誘拐…裁判後、現在の弁護団の調査で、幼少期からの虐待や重い精神疾患…家庭裁判所や児童相談所も対応しなかったことが明らかに"
「腹いせ処刑」はあんまりだ
最高裁判事9人のうち、リベラル派の判事3人は執行に反対したが、トランプ大統領が指名した3人を含む保守派6人は執行を認めた。こういう事。
幼少期からの虐待や重い精神疾患を発症していたこと、家庭裁判所や児童相談所も対応しなかったことが明らかになっている。
毎日新聞の印象操作に騙されないように!
トランプさん、罪無き一般人
を戦争して巻き込んでいない。
トランプさんは戦争をしてないのだから。
死刑囚11人この数字は犯罪大国アメリカでは多いのか???
死刑執行とトランプ政権を結びつける印象操作と思えるような記事。
死刑囚であれば、至極当然だと思う。
何でもトランプ大統領に結び付けたい腐ったメディア。
加害者に対して復讐で殺害したのなら無実でもいいと思う。ただ関係の無い妊婦を殺害したのなら擁護しようがない。被害者や被害者の周りの人にとっては大切な人の命を奪った殺人犯に他ならないのだから。
女性への死刑が執行されていなかったというのは、男女差別でしょ。
「彼女はそもそも死刑を宣告されるべきではなかった」女性だからでなく、幼少期からの虐待と重い精神疾患、家裁や児童相談所も対応しなかった事実とそれが当時の裁判で語られず、弁護団の中死刑の専門知識を持つ女性の弁護人は男性の弁護人の申し立てで解任...社会や司法とは
トランプ政権は半年あまりで11人の死刑を執行。政権移行期には死刑を執行しないのが130年以上の慣例でしたが、リサ・モンゴメリー元死刑囚の執行も強行しました。死刑廃止を掲げるバイデン氏との政権交代まで7日でした。
それだけのことやらかしたんだからしょうがないだろ。
ネガティブキャンペーン
「弁護団によると、そうした事実は裁判当時の陪審員にはほとんど説明されていなかった」◾️
リサ、殺されてしまったなんて!信じられない、信じたくない!!!(涙)
継父から激しい性虐待を受け精神障害を発症、その精神障害により残虐な事件を引き起こしたと指摘される女性の死刑執行。死刑執行停止とのニュースも昨日流れたが。
哀しみと怒りが交錯する。隅さん、記事をありがとう。:
米司法省は13日、絞殺した妊婦の胎児を奪って誘拐したとして、死刑判決を受けたリサ・モンゴメリー死刑囚の刑を執行しました。弁護団は、幼少期から激しい性的虐待を受けるなどして精神障害を引き起こし、それが事件につながったと主張し、減刑を求めていました。
米国で、絞殺した妊婦(当時23歳)の胎児を奪って誘拐したとして、死刑判決を受けたリサ・モンゴメリー死刑囚(52)の刑が執行されました。弁護団は裁判後、幼少期からの虐待や重い精神疾患の発症を明らかにし、減刑を求めていましたが、連邦最高裁は執行を認めました。
トランプ政権、交代直前に強行...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR