TOP > 社会 > アビガンなお継続審議 治験手法の影響否めず 安倍氏「月内」発言から半年超 - 毎日新聞

アビガンなお継続審議 治験手法の影響否めず 安倍氏「月内」発言から半年超 - 毎日新聞

14コメント 2020-12-23 08:21  毎日新聞

 抗ウイルス薬「アビガン」(一般名・ファビピラビル)の新型コロナウイルス感染症治療薬としての承認について、厚生労働省の専門部会は21日、「現時点で有効性を明確に判断することは困難」として継続審議とした...

ツイッターのコメント(14)

承認する気が無いなら、国内にあるアビガン錠を全て、外国に供与した方が良い。
厚労省の役人によって関係者や議員に配られて居ると、東大の児玉教授に暴露されても一般人には渡さない

アビガンなお継続審議治験手法の影響否めず
利益相反
利益誘導
アビガンに半年経っても結論出せない厚労省...早期にファイザーやモデルナワクチンが承認されても打つ気になれません🤨
「なぜ単盲検か。同社は『偽薬の患者が症状悪化した時の救済を考える必要』と説明。コロナの病態は不明な点が多く、軽症でも急激に悪化することが報告されていた。偽薬の患者が悪化した際、迅速に措置が取れることは第三者の専門家から指摘されていた」

きわめて正論。
これ、効きませんって結論を出しちゃうと予想外の方面から苦情が出るのかしら(^_^;)?
☆厚労省の幹部「薬として効くかどうか分からないものを流通させることはできない」
厚労省に医系技官とか薬系技官とか、、、なに様?
大阪も9月にワクチンとか言ってたなあ。日本こんなんばっかり:
審査の俎上に載せたこと自体が、政治的であったことを認めた形だな・・・。
厚労省の(医薬品審査を担当する職員の)薬系技官はひどい。アビガンは効いているのだから、使えるようにすればいいんだ。ましてやインフルエンザで既に使われているのに
厚労省のある幹部、「薬として効くかどうか分からないものを流通させることはできない」

政権幹部の中には「厚労省の(医薬品審査を担当する職員の)薬系技官はひどい。アビガンは効いているのだから、使えるようにすればいいんだ」と周囲に不満を述べる人物も。
訳わからん
安倍前首相が5月に「月内承認を目指す」と発言してから半年以上も経過。継続審査となったアビガンの今後は…。
安倍氏「月内」発言から半年超...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR