西郷どんが猛反対? 日本初の鉄道が海を走らざるを得なかったわけ - 毎日新聞

11コメント 2020-12-19 12:14 毎日新聞

 「海を走る鉄道」と呼ばれた日本初の鉄道の遺構が東京都港区で出土した。明治初期に東京湾の浅瀬に土を盛って築かれた堤で、当時はその上に線路が敷かれていた。堤の上を鉄道が走る様子を描いた浮世絵も残されてい...

ツイッターのコメント(11)

この事って…私は日本最初の鉄道が海上を走っていたって事も知らなかったし意外だけどそれは西郷さんが反対した為?それが本当ならそれってやっぱり薩長と徳川幕府の立場が関係してるとか?
3153は鉄道反対してたのか
本当に素晴らしい遺構。
錦絵と照らし合わせて見るのがまた良い。
この手の記事たまらん
京浜東北線の大宮行き等の北行き電車から見えるよ😃
西郷らが当時、鉄道を開業させるよりも軍備拡大を優先させるべきだと考えていたためとされる。このため、海を埋め立てながら線路を敷くことになった。
まぁ富国強兵が叫ばれてた時代ですし(笑)
伊皿子の辺り
「海を走る鉄道」と呼ばれた日本初の鉄道の遺構が東京都港区で出土しました。なぜ、わざわざ海上を通らせたのか。どうやら西郷隆盛が関係しているようです。
以上
 
PR
PR