TOP > 科学・学問 > #排除する政治~学術会議問題を考える:新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長 - 毎日新聞

#排除する政治~学術会議問題を考える:新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長 - 毎日新聞

86コメント 2020-11-29 13:01  毎日新聞

 日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅義偉首相が任命しなかった問題について、日本科学史学会会長の木本忠昭・東工大名誉教授は戦前の学問弾圧と重ねつつ、「新しい形態の学問弾圧事件だ」と憂える。政府によ...

ツイッターのコメント(86)

「学問の構造が社会的利害構造に支配されれば、客観的に物事を議論することはできません。そうなれば、学問が力をなくしていくのは目に見えています」~学術会議問題を考える:
#日本学術会議解体
「菅首相は歴史に名前が刻まれる」
私見では、赤い学術集団から日本を救った賢明な宰相としてでしょ。

~学術会議問題を考える:新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」
「国会議員が堂々とフェイクニュースを流し、明らかに政治家のモラルが地に落ちています。国の最高機関が事実をないがしろにし、むしろ隠蔽や虚偽を振りまくことがまかり通るのは、科学史的にも近代国家史的にも憂うべきことだと思います。」
→「新しい形態での学問弾圧事件として、菅首相は歴史に名前が刻まれるでしょう」
→「任命を拒否されたということは、これまでやってきた学問をトータルで否定されることになります。これは、戦前の学問弾圧よりも悪質かもしれません」

歴史の教訓に基づいた深い論考です
"世の中が非常に不安定で将来に希望を見いだせない状況下において、批判を言う事を恐れているのかも"

虐めっ子に目を付けられない様に、成りを潜めている。

新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」
有料記事です。~学術会議問題を考える:新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」
~学術会議問題を考える
新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」
 
 毎日新聞-最終更新 2020年12月2日 19時00分
ここが‼️😢😭

若い人たち中心に政治に批判的なことを言いたがりません。中立的でいたいからのようです。政府批判をしないことが「中立」と考えているのでしょうか。世の中が不安定で将来希望を見いだせない状況において批判を言うことを恐れているのかもしれません
学問弾圧事件
~学術会議問題を考える:新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」
日本で“粛清”を行っているスガーリン首相として名前が残る。

自分を成長させてきた“たたき上げ”ではなく、自分と意見の違う官僚をたたいて今の地位に就いたという意味の“たたき上げ”。

だから知性もないし対話もできない。

スターリンそっくりの恥ずかしさ👎⚰️
#菅首相は日本学術会議会員6名の任命拒否を撤回してください

~学術会議問題を考える:新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」
「赤とのバランスが大事。」ってことかな。俺もそう思う。🤔
~学術会議問題を考える
「国会でも矛盾したことが繰り返し述べられ、それがまかり通ってしまう怖さを感じます」。菅首相の答弁は間違っていると言い続ける。

~学術会議問題を考える:新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」
日本の社会が原子力むら❗モラルもルールもなくなった? ~学術会議問題を考える:新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」
10年後にあの時もっと追及しておけばと言わないために。
~学術会議問題を考える:新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」
~学術会議問題を考える
会員の選考基準は、「優れた研究または業績のある科学者」です。任命を拒否されたということは、これまでやってきた学問をトータルで否定されることになります。これは、戦前の学問弾圧よりも悪質かもしれません」
~学術会議問題を考える:新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 
これはかなり深いところまで理解出来ないと解らない問題と思える。そこに難しさを感じる。アニメ等で感覚を捕らえる世代どう導けるか
さらには、国会議員が堂々とフェイクニュースを流し、明らかに政治家のモラルが地に落ちています。国の最高機関が事実をないがしろにし、むしろ隠蔽(いんぺい)や虚偽を振りまくことがまかり通るのは、科学史的にも近代国家史的にも憂うべきことだと思います。
人文・社会学系の226学協会は11月6日に共同声明を出しました。研究分野の枠を超えて、これだけの規模で意見を表明するのは初めてで、まさに危機感の表れです。
(引用)
「菅首相は歴史に名前が刻まれる」
学術会議問題を考える:新しい形態の学問弾圧 
◆政府に批判的な学者は排除するという菅政権のやり方では、やがては、国の科学研究費補助金(科研費)で差別することも出てくるのではないかと危惧します。
学術会議の学者は国家の安全保障に責任取れるのか政権は国家国民の安全を常に考えている学者と政権は立場責任が違う
長いけど読むべき記事です。
滝川事件・天皇機関説事件から原爆投下を止められなかった米国の科学者達、そして日本の「原子力ムラ」。
まだ学術会議ガーって続ける気か
現状が立憲民主主義の観点から異常な事態であるのに、必ずしも多くの人たちがそう捉えていないことが私は不思議で仕方ありません。
で政権側を支持する若者達をマスコミが斜め上すぎる理屈で批判しまくりだと判明
本当の理由を言えないのが、問題?

菅首相は「総合的、俯瞰的に判断した」と言いながら、6人の名前が入った名簿は見ていないとしています。「多様性の観点から判断した」と言いながら、6人を外したことで逆に多様性を狭めています
「政治的なことに対しては批判的なことを言いたがりません。「中立的でいたいから」のようです。政府への批判をしないことが「中立」だと考えているのでしょうか。世の中が非常に不安定で将来に希望を見いだせない状況下において批判を言うことを恐れているのかもしれません」
~学術会議問題を考える  

本当に左翼は何にも分かって無い。そのズレた感覚のまま淘汰されてしまえばいい。
学術会議なんて勝手に民間でやればいい。国民の税金に集るな。
ブラック・スガ、またはダークサイド・スガ?
ダースベイダー役の役者さんが亡くなられた…(/_;)
学術会議について批判するのは構わないが、こういった話が出ると必ず(戦前)(戦争)という言葉が出てくる。戦争関係無くない?
コロナ、脚気、原子爆弾と分かりやすい例えが述べられており、学問が政治から独立していることの重要性が分かる。
「新しい形態の学問弾圧事件だ」
政府によって特定の研究者が排除された今回の一件は何を意味しているのか
「科学者が研究するときに大切なことは疑うことです。無理やり一方向にだけ目を向けさせられると真理に到達することはできません。そのために、政治的抑圧のない自由で民主主義的な学者の組織が必要なのです。」
#排除する政治~学術会議問題を考える
「文学者の森鷗外もまた軍医として自分の権威を前面に押し出してビタミン説を否定し、東大の学者たちの間違った「かっけ菌」説に乗っかりました」

#排除する政治~学術会議問題を考える:新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」
滝川事件というと同時期に阪大を追われた石原修のことを思います。科学史というところでは石原に光を当てねばならぬのですが力及ばず。
#排除する政治~学術会議問題を考える:新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」木本忠昭・日本科学史学会会長-
木本忠昭・日本科学史学会会長(引用)日清戦争から日露戦争にかけて、国民病としてかっけが広がりました。しかし陸軍は当時、かっけに有効とみられていた麦食を否定しました。犠牲者は年間2万人にも上り、戦争に行った兵士も鉄砲で撃たれるよりかっけで死んでしまう(続
今までの言説の集大成のような話で、まとまっているのでシェア。戦前状態になっているからこそ、声を上げていく必要がある。
【毎日】# 排除する政治~学術会議問題を考える:新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 
「現状が立憲民主主義の観点から異常な事態であるのに、必ずしも多くの人たちがそう捉えていないことが私は不思議で仕方ありません」
学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」
菅首相による学者排除は「新しい形態の学問弾圧事件」である。
民主主義の危機なのに、気付いていない人が多い。矛盾だらけの菅首相発言が、まかり通ってしまうことが怖い。さらに国会議員らがデマを流し、モラルが崩壊している。
菅は歴史に悪名が刻まれる。
歴史に悪名を刻む
歴史的学問弾圧ですよ!
有料会員記事で途中までしか読めないがそれでも現在大問題が進行中であることがよくわかる。
治安維持法や
国家総動員法があった時に
性懲りも無く
戻そうと蜂が 公彦

>
「国の最高機関が事実をないがしろにし、むしろ隠蔽や虚偽を振りまくことがまかり通るのは、科学史的にも近代国家史的にも憂うべきこと」
具体的でとても分かりやすい
結局、説明が薄いことが全て悪い。
戦後の動乱期に乗っ取ったゴミ共黙れ
朝日新聞、毎日新聞は日本人を貶める新聞だってみんな知ってる
ジジババは騙せてももう無理でしょ!
「私は、ひょっとすると戦前の状況に似てきたのではないかと思い始めています。」
もっと見る (残り約36件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR