TOP > 社会 > 1カ月で軽症中等症者倍増の大阪 綱渡りの病床確保、感染拡大に追いつかぬ恐れ - 毎日新聞

1カ月で軽症中等症者倍増の大阪 綱渡りの病床確保、感染拡大に追いつかぬ恐れ - 毎日新聞

18コメント 2020-11-22 20:47  毎日新聞

 新型コロナウイルスの感染者が急増している大阪府では、重症者用病床だけでなく、軽症中等症者用の病床確保も綱渡りの状態となっている。府は18日、最悪の場合、1カ月後に目標確保病床数(1400床)の2・6...

ツイッターのコメント(18)

「大阪モデル黄色信号」とかいってる場合じゃなくなってきたのでは。1ヶ月後って年末やん?:
ネットを見ないうちの親は、毎日新聞の記事を印刷したのを渡して読ませたらギョッとしましたよ。ええ。給料高いのに何やってんですか朝日新聞。住民投票の当日に「地方自治の形を住民が選ぶ滅多にない機会」って書いた朝日新聞さん。
11/22付記事
維新が牛耳っている大阪の知事市長のお粗末な内容。
どこまでも人災です。最後は
老親が住み、旧知の友がたくさんいる地域なので、大阪の人災拡大には心の底から憤りを感じる。住民投票が余計なイベントだった感、日々強まってくる
都構想の住民投票なんかに金と労力を使ったあげくにこれか。それを感染防止に使っていれば。
吉村知事と松井市長の罪だ。
大阪府、の ”重症者用病床だけでなく、軽症中等症者用の病床確保も綱渡りの状態”
”...最悪の場合、1カ月後に目標確保病床数(1400床)の2.6倍にあたる約3600人の患者が発生するシミュレーション...20日時点で実際に稼働できるのは929床”
息子の通う中学は大阪に修学旅行行って帰ってきたばかりだが大丈夫なのか?愚かな政治のせいで日本全国が危ない/
イソジンとか言ってるアホが維新のトップになるし、ダメだこりゃだろ・・・。
オーバーするというのは、必要なときに治療が受けられないひとが出るということです。

《あらゆる受け皿で収容能力を大きくオーバーしてしまい、残された道は自宅療養だけとなる。》
いま大阪でコロナにかかって重症化したら入院先なくて死ぬと思った方がよさそうだ。  綱渡りの病床確保、感染拡大に追いつかぬ恐れ
コロナ感染者が急増している大阪府では、重症者用病床だけでなく、軽症中等症者用の病床確保も綱渡りの状態となっている。最悪の場合、1カ月後に目標確保病床数(1400床)の2・6倍にあたる約3600人の患者が発生する。11月20日時点で実際に稼働できるのは929床にとどまる。
大阪の人たち、できるだけいつもマスクしててね!
新型コロナウイルスの感染者が急増している大阪府では、重症者用病床だけでなく、軽症中等症者用の病床確保も綱渡りの状態となっています。
経済と都構想最優先。
そんな大阪モデルを支持した代償ですけど、都構想は否決しても、このツケの精算は大変ですよ。
注意喚起だけじゃなくて、濃厚接触者を広く拾って検査に回せる検査能力の増強が第一波以後必要だったのでは?宿泊療養も予算をケチらず確保と維持に励んだの?疑問だらけやわ。
専門家は病床などの収容能力を超す大阪府のシミュレーションについて「現実になる可能性もある」と警鐘を鳴らし、感染拡大前に府が「府民の行動変容を促す強いメッセージを出すことも必要だった」と指摘します。

以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR