米コロナワクチン「当面は私は打たない」 免疫学の第一人者が憂慮する「禁じ手」 - 毎日新聞

283コメント 2020-11-18 11:36 毎日新聞

ツイッターのコメント(283)

変われば変わるモノです。。講演で「私は打たない」と言っていました。いつの間にか変わりました。研究が進む、治験が進むと意見が変わるのですね。
過去の宮坂教授のワクチンに対する考え方です。免疫学の第一人者が発言した内容なので免疫学の一般論

なぜこうも変わってしまったのか?
このワクチンが使えるようになっても、当面は私は打たないと明言。宮坂氏は同日あった衆院厚生労働委員会で参考人として「有効性がかなり高いのは間違いないが、安全性は全く担保されていない」と述べ、期待先行の現状に警鐘を鳴らした。

人って変わるんだなぁと思ったわ😩
免疫学の第一人者の
宮坂昌之教授はコロナワクチンを
「当面は私は打たない」という記事あり

息子さんの祐さんがワクチン接種後にくも膜下出血で亡くされてから 急にワクチン推進派になった可能性がある
うんだ、うんだ。
ワクチンについての某医師の見解

ここに書いてあります

 

またFacebookで ワクチン 新生児で調べてみてください
こりゃ・・・
毎日新聞が言ってるのでやっぱり打ったほうがいいのかもしれないw
mRNA-vaccine
「効果はあっても安全性は全く担保されてないもの、私は当面打たない」 
免疫学第一人者が憂慮
なんでーーーーー
約1年前に、有効率90%と言われたm-RNAワクチン、現在、重症化はある程度防げても、感染は防げない。
シータ株に対しては殆ど効果ない事が分かっています。
>間違えて理解しがちだが「100人にワクチンを打ったら、90人には効く」という意味ではない。
 
PR
PR