TOP > 科学・学問 > 「原発銀座」の敦賀 「もんじゅ」敷地内に新研究炉 抜け出せない原子力頼み - 毎日新聞

「原発銀座」の敦賀 「もんじゅ」敷地内に新研究炉 抜け出せない原子力頼み - 毎日新聞

15コメント 2020-11-15 12:01  毎日新聞

 文部科学省は、次世代の原発「高速炉」として期待されながら廃炉になった「もんじゅ」(福井県敦賀市)の敷地内に、研究用の原子炉を新設する方針だ。原子力施設が多数ある敦賀市では、もんじゅ以外でも廃炉作業が...

ツイッターのコメント(15)

「原子力資料情報室」伴英幸・共同代表
「長期的に見て原子力は衰退産業。期待をして町おこしをするのではなく、楽な道ではないが地域の産業をもう一度掘り起こしつつ地域経済のあり方を探っていくべき…国は原子力から撤退していく自治体に対して、実情にあった支援を>
共同代表 伴英幸がコメントしています。
発電せえへん研究炉なんてますます要らんわ。500億円もかけて。どのゼネコン使うねん。
いつまでこんなことを!
立地自治体の財源となり、依存から抜け出せない?

文部科学省は、次世代の原発「高速炉」として期待されながら廃炉になった「もんじゅ」(福井県敦賀市)の敷地内に、研究用の原子炉を新設する方針
長期的に見て原子力は衰退産業。期待をして町おこしをするのではなく、楽な道ではないが地域の産業をもう一度掘り起こしつつ地域経済のあり方を探っていくべき
「長期的に見て原子力は衰退産業。期待をして町おこしをするのではなく、楽な道ではないが地域の産業をもう一度掘り起こしつつ地域経済のあり方を探っていくべき」
熱出力1万キロワット未満の原子炉。
文科省は、総額500億円の建設費 以下有料
廃炉になった高速炉「もんじゅ」の敷地内に、研究用原子炉を新設することが決まりました。地元・福井県敦賀市からは、地域が潤う新たな施設を求める声が上がっていました。そこには原子力頼みから抜け出せない自治体の事情があります。
もういい加減にしてくれ。
これが原発事故当事国のすることか?

「原発銀座」の敦賀「もんじゅ」敷地内に新研究炉。 。
500億も先のない無駄な「研究」につぎ込むなら、他の基礎研究に注ぎ込めよ。物資を投入しない根性論で負けたのに、何も変わらないな。
文部科学省は、次世代の原発「高速炉」として期待されながら廃炉になった「もんじゅ」(福井県敦賀市)の敷地内に、研究用の原子炉を新設する方針だ
これでいいのか?!もっともらしい言葉。
材料の開発や医療への応用に …
新設 #原子炉
核燃料を使って、放射線を別の物質にぶつけてその反応を調べる等して、材料の開発や医療への応用につなげられないか研究する。発電はしない。
抜け出せない原子力頼み...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR