時代の風:学術会議任命拒否 民主主義の一丁目一番地=長谷川眞理子・総合研究大学院大学長 - 毎日新聞

38コメント 2020-11-01 05:24 毎日新聞

 日本学術会議が推薦した会員候補者105人のうち6人が任命されなかった。  私が一番気に入らないのは、理由の説明がないことである。「推薦された人を全員任命するというものではない」「任命するのは首相であ...

ツイッターのコメント(38)

民主主義の番外地の誤りでは?🤣
偉〜い先生方が、騒げば騒ぐほど、、
「学術会議」の闇が暴かれて来る。(笑)(笑)
これは有料記事です。ってか
>私が一番気に入らないのは、理由の説明がないことである。>
理由が無いのが「天皇制」
民主主義の一丁目?

だったら選挙で選んだ総理大臣が判断するのが、
正当性があると言う事ですな。
官邸の当初の思惑は批判的な学者の排除だろうが、騒ぎを大きくした結果、今や学問のあり方全般の話題にもなり、民主主義の一丁目一番地などと高言されると、それは主権在民なのであって学者の選民意識がこんな目だちかたをすると愈々我々の首を締めるだけと思う。
"人権を大切にする法律も奴隷制の廃止も、女性参政権も、進化の理論も、量子力学も、それらを認めない既存の勢力と戦い、決して議論を諦めない人々によって築かれてきた。そういう面倒な議論をしないことには世の中の仕組みも科学技術も、発展しないのである。"
⇒「総合的、俯瞰(ふかん)的な活動を確保するため」というのでは、なぜ特定の6人が任命されなかったのかはわからない。しかし、ちまたでうわさ・・、という! 共感大
学術会議任命拒否 


現政府の考え方と異なる意見を表明している人たちだということが任命拒否の理由なのであれば、これは、学問の自由というよりも先に、民主主義の根幹に関わる問題だ。
 

 
PR