TOP > 政治・経済 > 菅首相はなぜ携帯料金引き下げにこだわるのか 側近が語る問題意識と課題 - 毎日新聞

菅首相はなぜ携帯料金引き下げにこだわるのか 側近が語る問題意識と課題 - 毎日新聞

21コメント 2020-10-23 17:06  毎日新聞

 菅義偉首相が重要政策の一つに掲げる携帯電話料金の値下げ。政府からの強い要請を受け、大手携帯会社が料金見直しの検討を始めた。一義的には事業者側に決定権がある料金に政治がどこまで関わるべきか。首相側近で...

ツイッターのコメント(21)

簡単に成果を国民に見せられるテーマだから。許認可権で国内企業に圧力をかければよいだけで、田舎の番長が力を誇示するためにやるいじめみたいな簡単なことだから。
核禁止条約を批准したら、すごい首相だと思うけど。
携帯料金値下げは、特にスマホを持てる人が得する。現・前政権は持てるものが優遇される政策しか打たない。消費税減税、法人税見直しこそが優先される必要が有る。
利益率20%だって👀
すごっいね💦
まずCMを簡素化して
情報主体にしたらいいのよね🍀
❤️📱
:無批判な国民層の支持を得るためにはぜひ必要な手段だろう。
政府は公的機関なんだから、民間企業に値下げ迫るより、普通に自分でできる消費税下げてくれい:
3社横並びには問題ありだと思うけど、2割の利益が出てることが『高い』という根拠はおかしいのでは?
一般企業で利益率2割って、健全な企業だと思うけど?
事業者間の乗り換えのしやすさより、自ら長期間囲い込まれるから大幅な割引きをという消費者の要望はガン無視してるよね

「囲い込みがー」とか言って10年契約で料金半額とかの選択肢をつぶして
電力会社などは利益が多い場合、国民に還元するという考え方から利益率が5%程度になるように価格を決めている。
とんでもない間違い!赤字になれば電気料金を上げる。まず、原発やめろ!
兎に角日本の携帯料金は異常なほど高いわ。
自由競争の国がやること?
この話題で自分が読んだ中で今のところ一番良記事
24日付朝刊/今日のイチオシ!(磯崎由美)今度こそ、月々の負担は本当に軽減されるのかーー。菅首相が携帯料金引き下げに執念を燃やす理由を、側近は「大手3社の利益率が余りに高い」と説明します。「官製値下げ」 は政治ショーに終わらず成果を上げられるでしょうか。
「20GBで5000円を切るようなことが実現すれば、4人家族だと毎月1万円程度の家計の節約になる」全員20GBとかどんな家なんだ… >
「大手3社の利益率がほぼ20%、3社とも利益水準がほぼ同じという状況が続いているのはおかしい」

そのソフトバンクの孫正義が利益率5%程度の電力会社を叩いてマスコミが持ち上げていた。
←高いのは確かだが、目くらましだろう。
「大手3社の利益率がほぼ20%で、あまりにも高い」
と言うけど契約社員の非正規雇用への転換とか賃金の上乗せとか、被雇用者に還元するという発想はないんですか?
菅首相はなぜ携帯電話料金引き下げにこだわるのか。側近が語る課題とは。
側近が語る問題意識と課題...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR