TOP > 社会 > #排除する政治~学術会議問題を考える:あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由 - 毎日新聞

#排除する政治~学術会議問題を考える:あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由 - 毎日新聞

93コメント 2020-10-23 12:11  毎日新聞

 日本学術会議の一件を巡り、かつて自民党の憲法改正論議をリードしてきた大物学者が激怒していた。小林節・慶応大名誉教授である。学術会議を「左翼の巣窟のようだ」と批判し、かつてはその長老学者とけんかをした...

ツイッターのコメント(93)

小林節・慶応大名誉教授である。「(日本学術会議を)左翼の巣窟のようだ」と批判。

まぁ、悪しき前例主義・既得権益は改めたらいいわな。
~学術会議問題を考える -

任命拒否された6人は、時の政府判断に反対した人たちだ。拒否の理由はほかに考えられない。これは「政府にとって都合の悪い学説を表明する学者には、政府によって不利益が与えられる」という先例を許すことになるんです。
憲法第23条
学問の自由は、これを保障する。

憲法違反をするスガ政権の退陣を求めます。
…◆そもそも異論を排除するようでは、学問の発展はあり得ない。あれ以来、僕は学術会議とは関わっていない。
ただはっきり言っておきたいのだけれど…
[毎日新聞]


「政治権力や行政執行権力を持つ政治家や公務員の任命と、これらの権力を持たない学術会議会員の任命とは、性質が全く異なるのは誰でも分かるでしょう。…
学術会議は問題あるが…それでも小林節氏が首相を糾弾する理由 -

「学問なんだから、異論があって当たり前ではないか。放逐するのは全体主義だ」と意見した。でも長老たちは「今のままで何も問題ない」の一点張り。 」

右も左も異論を認めないのは同じか。
政治権力や行政執行権力を持つ政治家や公務員の任命と、これらの権力を持たない学術会議会員の任命とは、性質が全く異なるのは誰でも分かるでしょう。

学術会議は問題あるが…それでも小林節氏が首相を糾弾する理由 -
言っていることはよくわかる。
が、そこで終わっては意味がない。
何故、総理に任命がいる?
何故、公務員としなければいけない?
そこを考えて欲しいね。
「自分の野望の妨げになると考えた政治権力や大資本家などが、学者や学問を弾圧した事例は歴史上、枚挙にいとまがない。この歴史の教訓に鑑みて『政治権力は学問の自由に介入してはならない』という人権が確立し、日本国憲法にも導入されたんです」
憲法学者・小林節さん
大学か学会推薦の時代の事。分野で限りある定員だと少数派大学や学会提案は無視せざるを得ずそれで法律内で最も多様性確保の今の推薦制度になった由。賢人の努力も水の泡🌪
政権叩けりゃなんでもいいんだろ
「学術会議は問題ある」の前振りがタダで読めて、
「それでも小林節氏が首相を糾弾する理由」は有料じゃないと読み至ることができない。。
“ ただはっきり言っておきたいのだけれど、学術会議のあり方の問題と、今回の菅政権による任命拒否は全く別の次元の話だよ”
日本学術会議は左翼の巣窟www
シェアしてやったぞ!毎日新聞感謝しろ!
【 】
まさに小林節氏の言うとおりである。国でも企業でも反対意見の排除行為は確実にその組織の衰退を意味する。自民党は明治時代の大日本帝国を復活させる気だ。断固阻止しよう。
政権、学術会議、右、左とも、論を戦わす。筋の通った右翼学者であり思想家。

そもそも異論を排除するようでは、学問の発展はあり得ない。
>30年前のこと
>憲法学者の世界は8割が左翼、2割が右翼でね。所属する学会も、左は日本公法学会、右は憲法学会などと分かれていて。

>当時の学術会議では、丸めて言えば、ほぼすべてが左で独占されていた。

今も、なんだろうね。
「学界の構成通り、学術会議の会員も、右の学者をせめて2割は入れるのが筋だ。学問なんだから、異論があって当たり前ではないか。放逐するのは全体主義だ」と意見した。でも長老たちは「今のままで何も問題ない」の一点張り。菅首相の官房長官時代の答弁みたいだったね。
""現に、欧米の学術団体は民間運営であっても、政府は公金を出している。日本もそうなるべきだろう。学問の本質からすれば、日本学術会議も社団法人や財団法人などにして、政府も支援をするが口は出さないという組織が望ましいがね。""
小林節先生と同意見です。賛同します。
排除する政治~学術会議問題を考える:あそこは左翼の巣窟だけど…
右や左でしか語れない卑しい連中とは違ね
小林節先生。「詰まるところ「政府にとって都合の悪い学説を表明する学者には、政府によって不利益が与えられる」という先例を許すことになるんです。…」

》排除する政治〜学術会議問題を考える:あそこは左翼の巣窟だけど…
あそこは左翼の巣窟だけど… ー

>その「左8割、右2割」という学者の構成が、そのまま日本学術会議の法学者の構成に反映されていたかと言えば、そうではなかった。当時の学術会議では、丸めて言えば、ほぼすべてが左で独占され……
「政治権力が、その学説などで学者を勝手に分類・色分けし、不利益処分をしてはならない」今回の任命拒否は、政府による学者の不利益処分以外の
小林節
「学術会議は左翼の巣窟」
「学術会議は異論を排除する」

学術会議
あの小林節からも
こんな言われ方されてるやないかwww🤣

国の予算入れる必要ないわ。
何を行革の対象にするかは政治の自由。だが「任命拒否」のように、政治権力は学者を政治的に評価してはならないのと同時に、学者の組織のあり方にも政治権力は介入してはならない。これも憲法23条「学問の自由」に鑑みて当たり前のこと。
ふむふむ逆転すると
右翼を排除してきたのが学術会議の問題、だと言えるわけね。
~学術会議問題を考える:あそこは左翼の巣窟だけど…
コイツも左翼の巣窟だと言っとるわ。ということはやっぱ構成を正すべきだな。
(´・ω・`)小林節教授と違って日本学術会議の問題の本質を切り分けられない学者さん達には本当に頭が痛いです
「左翼の巣窟」である事は認めている?(笑)
記事の内容よりメガネに目がいく。小林教授いいのしてるやん。Franceのアンバレンタイン。品名バルトークだったかな。
コバセツも憲法に関してはフラットな物言いだよな。それにしても学生時代に恐れられていた彼、40代前半だったのか…
首相が法学を全く知らず、違法違憲行政をゴリ押しして、行政組織が違法行政に抵抗すらできていない。法治国家の崩壊。教育の責任。
毎日新聞!?

>それでも「任命拒否は許せない」と菅義偉首相を激しく糾弾するのだ。

これが言いたいんだろうけど………
備忘録として。 /
日本は、やはり腐ってます
小林節「会員の任命が形式的任命であることは‥(中略)‥これは憲法23条の「学問の自由」を尊重した形式的任命に過ぎず、従って首相に拒否権はありません。このことが「推薦に基づき、首相が任命する」とのみ記された日本学術会議法7条2項で確認されているのです。」
「総合的、俯瞰的」な観点を構成する内訳は何か、野党もメディアも徹底して追及しなきゃ。そもそも、政治権力が学者に評価を加えるということ自体が「学問の自由」をわきまえておらず、違憲で恥ずべき行為だが
学術会議=左翼の巣窟…。( ´∀`)

~学術会議問題を考える:あそこは左翼の巣窟だけど…
左翼の巣窟?学術会議は戦争に加担した反省の産物ですよね小林さん!戦争に反対することに左翼も右翼もないはずだが。
ネトウヨは小林節も左翼だと思ってるんだろうな。
馬鹿だから。
あそこは左翼の巣窟だけど… 

記事とは全く関係ないんだが、自分、これまで小林先生の憲法に関する論稿一度も読んだことないので小林先生がどれくらいすごい学者なんか正直わからない
>あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・
>小林節氏が首相を糾弾する理由

・・・
政治~
続、学術会議関連。

@「(30年前)ほぼすべてが左で独占されていた(略)」

いやいやいや、
この時点で税金使って属してるのがおかしかろう。
ヾノ=w=;;)
権力が学者を評価するのは「違憲で恥ずべき行為」――。日本学術会議には批判的な小林節・慶応大名誉教授も、菅政権の対応に怒りをあらわにしています。
慶大名誉教授 小林節氏
『任命拒否された6人は、集団的自衛権の行使容認など、時の政府判断に反対した人たちだ。拒否の理由はほかに考えられない。これは、詰まるところ「政府にとって都合の悪い学説を表明する学者には、政府によって不利益が与えられる」』
あいかわらずだミャ
もっと見る (残り約43件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR