TOP > 社会 > 現代のわらしべ長者? 100円ショップの「赤い糸」、物々交換で「一軒家」に - 毎日新聞

現代のわらしべ長者? 100円ショップの「赤い糸」、物々交換で「一軒家」に - 毎日新聞

15コメント 2020-10-19 19:21  毎日新聞

 新型コロナウイルスの影響で困っている人を支援しようと、大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」(吉村大作理事長)が、物々交換で手に入った品を最終的に換金して寄付する「赤い糸プロジェクト」を展開している。...

ツイッターのコメント(15)

知人がすごいことやってます。
挑戦に意味ありますね
見据えてる先が素敵ですね!NPO法人みらくる!


世界のみらいをつくるNPO法人みらくる|Make the future of the world
沖縄の離島のパン屋です😅
ん?
これって結局はまだなんも寄付してないということでは?
そして、家賃無料にした人も誰かがそれを使うだけで、結局は寄付してないことになるから……問題になるのでは
こちらも昇吾さんいっちょ噛み😆
こっちの吉村さんは良い吉村さん。
100円ショップで買った「赤い糸」が物々交換で「一軒家を最大10年間無償で借りられる権利」にまで発展しました。「わらしべ長者」をヒントにした寄付活動です。
これはみんなが楽しんで参加できるプロジェクトでいいなぁ。
なんて素晴らしいアイディアと実行力。
同じNPO法人として完敗感が半端ない。。。
100円ショップの赤い糸からわらしべ長者を始めて家に10年住める権利までいく、それをコロナで困っている人に提供と。ユニークだしすごい。新しい形の寄附だね
100均の糸 物々交換で一軒家に
発想もすごいし、何より、交換したものが、次々と別の人々のためになっているのも素敵です。

 100円ショップの「赤い糸」、物々交換で「一軒家」に(毎日新聞)
どういうこと?っておもったら自分の利益とかじゃなかった…すごいなぁ、繋がるものですね
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR