TOP > 社会 > #排除する政治~学術会議問題を考える:菅首相二つの狙い 「徹底破壊して」作る暗い世界 経済学者・安冨教授が読む - 毎日新聞

#排除する政治~学術会議問題を考える:菅首相二つの狙い 「徹底破壊して」作る暗い世界 経済学者・安冨教授が読む - 毎日新聞

56コメント 2020-10-13 09:30  毎日新聞

 「既存の支配層を切り崩し、自助努力を重視する体制作りへの第一歩。おじいさんたちが、昭和の日本を再興させようとしているようです」。日本学術会議の任命拒否問題について、経済学者で東京大学東洋文化研究所の...

ツイッターのコメント(56)

で今年を振り返ってみませんか。

■~学術会議問題を考える
安冨教授のインタビューを読んで頭に浮かんだのはニーメラーの詩とされる「彼らが最初共産主義者を攻撃したとき」である。「共産主義者」を「学者・研究者」に置き換えれば、いま国民が何を為すべきかが見えてくるのではないか。
【#排除する政治~学術会議問題を考える】
少なくともテレビで出ていた教授はちゃんとしていませんでいしたよ!
一人は政権へ恫喝、もう一人は人を馬鹿にした話しかたでしたけどね。
安冨さんの記事❗️
ちぇっ😔
有料だわ😭
毎日変態新聞も排除された方が世のため日本人🇯🇵のためだ‼️

毎日新聞: - 毎日新聞.
これから行う破壊活動の障害になりかねないので、菅首相に目を付けられて「象徴的攻撃」を受けたのだと思います。補助的な理由としては、ここをたたくことでネトウヨ受けする「安倍路線の継承者である」というシグナルを党内向けに送るという意味もあったかもしれません。
#排除する政治~学術会議問題を考える:  「 政府が任命拒否の理由を言わないのは狡猾な作戦。そうすれば人々が勝手に理由を勘ぐってしまうからです。そういった勘ぐりを通じて、研究者をおとなしくさせるのが狙いなのでしょう。」
サッチャーとの共通点か。良いところも悪いところも壊す。安富氏の指摘通り、維新と同じだ。ルサンチマンを利用するね。真っ暗だわー。
安冨歩さんの話にハズレなし。
子どもを守る政治原則の導入が、おじいさんの猛ダッシュに対抗しうる本質的な対立軸
(笑)
私もプーチン政権の様になるのだ、と考えている、同意。
全力で子ども達を守りたいけど、全力で私も守って欲しいよ。
“「みんなが立場を守って頑張れば発展する」という、私が「立場主義」と名付けた幻想に支配された、高度成長期の日本の再生を目指す、狂気の道のように私には見えます。”

“「自助」の名の下に国民の権利の剥奪が進行し、ロシアのプーチン体制のようなものが形成される”
やってる感で終った安部に比して、菅は本気の破壊者であるという予測。菅総理の誕生は、維新が政権を取ったに等しいんじゃないかとは、僕も思っている。
菅自身が、自分のしていることが暗い世界を作ることに気づいていない自身の愚かさ、それに投票している有権者の愚かさ。
10/13

「サッチャー政権を鋭く批判したロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの森嶋通夫名誉教授にも師事した安冨教授に詳しく聞いた」
なんかわかるな〜
毎日
「金を稼がない機構は価値がなく、既得権益の上に居座っている人たちは、排除しなくてはいけない、という理屈」(維新の方が)「波長が合っている」
そもそも学術会議に推薦されるような先生方は、みなちゃんとした方ばかりで、私のような過激な人はいません。その人々を拒否するというのは、実に過激な行動と言わざるを得ませんね。
この記事のために毎日を読もうか考えるくらいには毎日の記事は良い気がする
先生のご意見、分析。おーい政治家さん、聞いてるか?
蓮舫、辻元清美、前川喜平とマイナスイメージになる面子がここまで揃ってしまうと自爆案件としか思えない。

毎日新聞: - 毎日新聞.
"イギリスの保守党は貴族階級の人が多く、教養が高く、知識階級とも友好的で、福祉政策についても推進派が多かったのです。サッチャーは、こういう人たちと合いませんでした。サッチャーと菅には共通点があります。菅は日本維新の会のメンバーの方が波長が合っている"
「大学は、、、学歴差別という日本社会の最悪の差別の頂点に立つ機構です。国民の多くは、学歴差別によって傷つけられ、苦しんでいます。そのような人たちは、学術界へのあからさまな攻撃を悪く思わないかもしれません」
皆さん、ぜひお読みください。
若者からしたら、この人も十分「おじいさん」です。
既得権益を享受する「偉い人たち」がたたかれていることで喜んでいる間に、菅首相の手に権力が集中し、「自助」の名の下に国民の権利の剥奪が進行し、ロシアのプーチン体制のようなものが形成される、という展開が予想されます。
「おじいさんたちが、昭和の日本を再興させようとしている」

日本国民が(間接的に)選んだ首相だよ
何この言い方、何様?

「学術会議に推薦されるような先生方は、みなちゃんとした方ばかり」

と思っているのは一部の学者先生とその取り巻きだけ
ノイジー・マイノリティ
引用:(安冨歩教授①)... 今回の出来事で私が思い起こすのは1979~90年にイギリスで首相を務めた故マーガレット・サッチャー氏です。経済学者の故・森嶋通夫ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス名誉教授は「サッチャーはイギリスの悪い所も善い所も(続
議論する根本が違うと思う。>>>
そもそも学術会議に推薦される人は立派だと。頭悪いね。これこそ何の説明にもなってない。定量的でも、定性的ですらもなく、思い込み。
話題紆余曲折!?
アリストテレス「普遍的本質性の学究」と
『形而上学』を思考できなければ、民主制の本質は理解不能
これどうでもいいなら中国人ともっと仲良くね
それが現実実態
サッチャーのように『悪いところ善いところも徹底的に破壊していく』と安冨教授。偉い人達、政財界、やがては「自助」の名のもとに国民の権利剥奪が進行。大人のための政治でなく、対立軸『子供を守る』を政治原則にして問題解決をと主張。菅首相はルサンチマンかもしれない。
「大人のための政治をやめて、全ての子どもを全ての暴力から守る、という目標のために、大人が力を合わせるべき」~学術会議問題を考える:
さすが安富さんやね。
「すべての子どもに、安心して楽しく遊べる空間が必要です。この単純明白な目標の実現のために、社会のあらゆる制度・政策を作り変えていくことで、私たちの直面する問題の大半は解決される」と。

 経済学者・安冨教授
同感だが、政治はいまだに昭和だから、、、
(本文より)『私のような過激な人はいません。その人々を拒否するというのは、実に過激な行動と言わざるを得ませんね。』
@Mkandhi091 安倍さんはやってる感でしたが
菅さんは本気でやると思います。
残念ながら状況はさらに悪化すると思われます。。。
「(任命拒否が)必ずしも支持を落とすとは思いません。エスタブリッシュメントへの攻撃は、むしろ歓迎する人も多いはず・・国民の多くは、学歴差別によって傷つけられ、苦しんでいます・・学術界へのあからさまな攻撃を悪く思わないかもしれません」

安富教授、さすが冷徹
「アカデミズムは体制批判の機能も帯びています」、本当でしょうか?むしろ政治と関わらないことで保身に走る大学教員の方が多いと思います。
-10月13日 12時17分

女装の『変態』(自称)経済学者で
東京大学東洋文化研究所の安冨歩教授(57)
とてもよい記事!
←なんでこんな酷い物言いしかできないんでしょうね。あんな反日の録でも無い団体に、Noを突きつけてるのは若い世代って事が理解できないのね
安富君らしいぶっとびインタビューだねwww
そこまでスガに突破力があるのだろう〜か
派閥の合力とかでできてんじゃないのか。

「私は「子どもを守る」を政治の原則としない限り、人類に将来はないと考えています。」
  ここだけは深く共感します。
◆金を稼がない機構は価値がなく、既得権益の上に居座っている人たちは、排除しなくてはいけない、という理屈でしょう。
こわい「おじいさん」による暗い政治から子どもたちが安心して暮らせる社会を築いていかなければと思いました。
~学術会議問題を考える:
何かは言わないが、耐えられないうぅ
#排除する政治~学術会議問題を考える:菅首相 ◆そもそも学術会議に推薦されるような先生方は、みなちゃんとした方ばかりで、私のような過激な人はいません。その人々を拒否するというのは、実に過激…
恫喝で官僚、メディアを手なづけ、司法を管理下に収め、次は学者たちを黙らせアベ-スガ独裁の完全化を企む。黙ってちゃ殺される。

~学術会議問題を考える:
女装学者・安冨歩「中流階級出身のサッチャーはそれまでの貴族階級の保守党と違い手厚い福祉を嫌い自助を促した。菅首相も似ている」と菅政権を批判
サッチャーはその手法で長年続いた英国病を克服した。世襲ボンボンができなかった規制緩和・競争促進を目指す菅氏に期待する
歯に衣着せぬインタビュー。英国のサッチャー政権を思い起こすという指摘が興味深いです。

<今回の任命拒否は、菅首相を先頭とした「おじいさん」たちがタッグを組んで、猛ダッシュをかける号砲だと思います。それは...
>◆そもそも学術会議に推薦されるような先生方は、みなちゃんとした方ばかりで、私のような過激な人はいません。その人々を拒否するというのは、実に過激な行動と言わざるを得ませんね。
『「それはみんなが立場を守って頑張れば発展する」という、私が「立場主義」と名付けた幻想に支配された、高度成長期の日本の再生を目指す、狂気の道のように私には見えます』(本文より)
←「アカデミズムは体制批判の機能も帯びていますが、同時にエスタブリッシュメントの一端でもあり、そこにいる我々は特権階級に属します。」
「菅首相は国家体制の中枢を切り崩していこうとしているのではないか。社会のさまざまな秩序体制がターゲットに」。経済学者、安冨歩教授の指摘です。
おじいさんたちが昭和の日本を再興させようとしている

文化の中枢を担っていた大学を徹底的に攻撃。イギリスの悪い所も、善い所もぶち壊した」サッチャーに似通う

「自助」の名の下に国民の権利の剥奪が進行し、ロシアのプーチン体制のようなものが形成
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR