TOP > 社会 > 社説:学術会議人事と菅首相 理由示せないなら撤回を - 毎日新聞

社説:学術会議人事と菅首相 理由示せないなら撤回を - 毎日新聞

25コメント 2020-10-10 03:43  毎日新聞

 日本学術会議の新会員候補のうち6人を任命しなかった問題で、菅義偉首相はきのうの毎日新聞のインタビューでも具体的な理由を明らかにしなかった。  首相は「総合的、俯瞰(ふかん)的活動、すなわち広い視野に...

ツイッターのコメント(25)

社説です。「今回のようなつじつま合わせが通用するようなら、検察庁や会計検査院など他の独立性の高い行政機関の人事にも影響を及ぼしかねない」
『政権内からは学術会議のあり方を見直すべきだとの意見も出ている。だが、任命拒否に対する疑問に答えず、会議のあり方に矛先を向けるのは論点のすり替えだ』(本文より)まずは任命拒否の説明だろう、なぁスガ君!
「首相は任命拒否について、合理的で国民が納得できる理由を示さなければならない。それができないのであれば、撤回すべきだ」
政権内からは学術会議のあり方を見直すべきだとの意見も出ている。だが、任命拒否に対する疑問に答えず、会議のあり方に矛先を向けるのは論点のすり替えだ。
当然だわな。日本学術会議の在り様や要不要について議論するのは健全だけども、首相の一存で人事を決めるのは不健全すぎる。:
話を「任命権」にすり替えて、日本学術会議の実態には一切触れていない。
国益を害する行政機関を擁護する毎日新聞も、国益を害する情報工作機関と認定して良い。
両方とも民主主義の敵だ!
マスコミの皆様、今何も発言しないで十年後に自虐的反省文でも書くつもりなのでしょうか
社説:学術会議人事と理由示せないなら撤回を❗

河野太郎行革相は、学術会議を行政改革の対象にすると、「行革」の名の下に圧力をかける狙いが透けて見える。

安倍継承は物足りなくて、
悪政競争が甚だしい。
学術会議は政府からお金が出ているので、自由に発言したければ、政府からの支援を辞退して、民間で活動した方がいいですね。外国の同じような組織は民間ですからね。
理由示せないなら「辞任」を、でしょ。 @mainichi は菅政権(権力)に甘いなぁ…。
見出しが弱すぎ。
不味いことをしている自覚があるのでしょう。だからなりふり構わずなんとか矛先を変えようとする。このまま済ませてはなりません。

『任命拒否に対する疑問に答えず、会議のあり方に矛先を向けるのは論点のすり替えだ』
<政権内からは学術会議のあり方を見直すべきだとの意見も出ている。だが、任命拒否に対する疑問に答えず、会議のあり方に矛先を向けるのは論点のすり替えだ。>
最後に国民は納得できないと、書くのはおかしい。一部の学者と共産党、ファシズム、社会主義者と変更すべきだ。
>今回のようなつじつま合わせが通用するようなら、検察庁や会計検査院など他の独立性の高い行政機関の人事にも影響
「首相は任命拒否について、合理的で国民が納得できる理由を示さなければならない。それができないのであれば、撤回すべき」
こんな当たり前な話を社説で言わねばならぬナチス復権を目指す強権政府
〈今回のようなつじつま合わせが通用するようなら、検察庁や会計検査院など他の独立性の高い行政機関の人事にも影響を及ぼしかねない。〉
毎日社説〈今回のようなつじつま合わせが通用するようなら、検察庁や会計検査院など他の独立性の高い行政機関の人事にも影響を及ぼしかねない〉。
学術会議人事と菅首相
―人事において公正で透明な手続きを欠けば、強権化につながる
―会議のあり方に矛先を向けるのは論点すり替え。「行革」の名の下に圧力をかける狙いが透ける
―合理的で国民が納得できる理由を示せないなら撤回を
推薦の理由が明らかに為って無い以上は、組織の在り方が問われるのだ。
ならば解体が望ましい。
引用「首相は、人事権を使って首相官邸に権力を集中させ、政策推進の原動力にしようとしている。しかし、公正で透明な手続きを欠けば、強権化につながる恐れがある。」
前政権を反省して国民には丁寧な説明を望みます。
公務員の選定は国民固有の権利と定めた憲法15条を根拠。今回のような辻褄合わせが通用するようなら、検察庁や会計検査院など他の独立性の高い行政機関の人事にも影響を及ぼしかねない。 ←ならば衆参議員に対するリコールを認めろ。そっちのほうがよっぽど喫緊の課題だ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR