TOP > 社会 > 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言 - 毎日新聞

「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言 - 毎日新聞

47コメント 2020-09-27 19:52  毎日新聞

 女優の竹内結子さん(40)が死去したニュースが27日、テレビのニュースや新聞、インターネットなどで大きく報じられた。現場の状況から自殺とみられるという。相次ぐ著名人の自殺報道に、自殺対策の専門家は「...

ツイッターのコメント(47)

結果的に紹介できずにいました。直近のも含めてここでまとめて。
薬物などもそうですが、報道による影響を、もう少し考えて欲しいなと思ったりします。
専門家
「テレビやメディアに接する時間を減らして、報道から距離を置きましょう。」

報道を自粛すればいいのに…
“ “→一旦スマホを置くとか、ね。
心理的に不安定な状況にある人や子ども若者に対して『自殺すれば楽になれる』といった誤ったイメージを抱かせ自殺行動の方向に背中を押すことになりかねないことです。コロナ禍で心理的に不安になっている人が多い状況なのでなおさら心配
台風が発生したとか?/
マスゴミガー、という前にまずは自分自身が極力ツイートしない、深呼吸して冷静になれる情報を探す、という姿勢は保ちたい。
本当にその通り。垂れ流される情報に惑わされず、情報は「取りに行く」ようにすること。事実を掴み解釈は自身で行うこと。人付き合いも同じ。→
せやな
著名人のそういうニュースは引き金になりかねんわな
鬱から躁に移り変わる状態の人があの人もやれたんだから自分もってなる可能性は高い
メディアからは距離を。心を穏やかに過ごしてほしいです…
不安を煽るメディアと距離をおくべき

#とくダネ
情報過多は疲れをおこすから
本当に好きな事でリラックスするのが良いね
希死念慮出たら、お医者さんに相談一択よ(´・ω・`)
自殺予防「いのちの電話」
 0120-783-556(なやみこころ)=毎日午後4~9時、毎月10日(午前8時~11日午前8時)にフリーダイヤルの電話相談
連鎖すると聞くがどうだろう。
それでお前ら新聞社はどうする気だ?
安田菜津紀さん「報道や表現にできることは、『自殺以外の出口』を提示することや、悲しみや苦しみを抱える心を少しでも解きほぐしていくような『命綱』になれるよう努めること」
近年ジョジョにセンセーショナルな報道は抑えられてきている気がする。なんとなくだけど。
相次ぐ著名人の自殺報道。ニュースで訃報を聞く度に、過去に自殺した二人の女友達のことを思い出してしまいます。

どうかこれ以上、悲しい負の連鎖が起きませんように。コロナ禍で心理的に不安になっている人が多い状況なのでとても心配です。

心よりご冥福をお祈りします。
Twitterも心が騒ぐ時があるから…
有名人の自殺の影響として、
1)多くの人が『自分の知り合い』を自殺で亡くしたような感覚に陥りうる
2)報道がセンセーショナルなものになり『自殺すれば楽になれる』といった誤ったイメージを抱かせ、自殺行動の方向に背中を押すことになりかねない
これって、陰謀論=心が騒ぐような情報、って布石ちゃうやろな
専門家とか架空の人間を作り出すのやめてくれませんかね。

専門家である根拠を言え。
心がざわつくことは避けられないかもしれませんが、しんどいなと感じるときは、ぜひ意識していただきたいです。 #
コロナに飽きたワイドショーやスポ紙がほっとかないし、好んで求める庶民もどうしようもない◆
> 触れると心が騒ぐような情報からは距離を置いて、気持ちが落ち着くように努めて」と呼びかけ

ストレスを溜めないって言うのは簡単だけど難しいよね。
テレビを見ないのがいちばん手っ取り早い解決策かもしんないけどな。テレビはとにかく、WHOのガイドラインに真っ向から逆らうのやめろ?積極的に日本の自殺者増やそうとしてるんか?>
国として取り組むようにしてください。苦しみを伝えたくても著名人の方は中々できないような気がします。
相次ぐ著名人の自殺報道に、自殺対策の専門家は「動揺している人も多いと思いますが、触れると心が騒ぐような情報からは距離を置いて、気持ちが落ち着くように努めて」と呼びかけています。
私は毎日自殺者の数を明確にすべきだと思う

この国がいかに汚く哀れな国が知らしめるべきだ
まさに文中でそのものずばりを報道しておいて、距離を置けとか何言っているのか分からない。『 』
心が騒ぐような情報からは距離を--。
相次ぐ著名人の自殺報道に、自殺対策の専門家は「触れると心が騒ぐような情報からは距離を置いて、気持ちが落ち着くように努めて」と呼びかけています。
何をいうとんのじゃ。
普通にTVやネットで流れてるんだから見るだろ👀

もう知らなかった世界には戻れないだろ。
これカウンセラーにも言われる

著名人の
死去や病気闘病だったりも

コロナの情報も精神的には
あまり見ないようにと、、

でもコロナは
見なきゃ対策できなくない?
もう八方塞がり
著名人の自殺報道に対して、「心が騒ぐような情報からは距離を」とか「情報から距離を置いて」の呼びかけ報道があります。
しかし、それ以前の話として「関係した人たち以外は騒がない」、「安易に拡散しない」ようにし、目につかないようにすることの方が大切です。
不安になるのは理由が分からない自死…分かり易く理由があれば仕方ないとも思える。しかし、こうも世間からは見えない理由で亡くなる著名人が続くと、自分の大事な人もひょっとしたら?と怖くなります 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が
不謹慎を承知で感じたことを。
これはもう、三浦春馬も竹内結子も芦名星も曲世愛の声を聞いたとしか……
情報過多の現代は、積極的に情報を遠ざけないと自分が参る。
今までの人生で周りの人が複数人、自殺で亡くなってる。自分は今まで耐えて越えてきた事が無駄になると思い自死だけはしないと決めてるが生きにくい世の中になったと思う。
まずは誰かに話をしましょう。
心療内科に行ってみて、合わないと思ったら病院変えていいんです。
助けてくれる人は必ずいるから、見つかるまであきらめないで。
大事なのは命です。
薄っぺらい。
報道だけをなぞる表面的な話。
日本では毎年2万人以上が自ら命を絶つ。
自殺大国なんだよ。
そのコトの重大性を真剣に論じるべき。
たまに芸能人のニュースに騒ぐのは無意味。
「心が騒ぐような情報からは距離を」「不安な気持ちを誰かに聞いてもらったり、不安な気持ちを紙に書き出したりすることで心が楽になることも。もし、動揺しているだろうと思う人がいたら、連絡して気持ちを聞いてあげて」

相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言-
明確な死因が判らぬまま自殺と報道するのもどうかとね…、そして、それを鵜呑みにするのもね。
今はただ冥福を祈るばかりです。
竹内結子さんら相次ぐ著名人の自殺報道に、自殺対策の専門家は「動揺している人も多いと思いますが、心が騒ぐような情報からは距離を置いて」と呼びかけています。
「心が疲れた」「なんだかしんどい」時に見たいアニメや絵本を安田菜津紀さんが紹介しています。ご覧下さい
なぜ「死んではいけない」と直接的に言わないのか。→
そうだね。俺も特にファンだったわけでもないのだが少々動揺している。世の中を覆う不穏な空気に共鳴している感じ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR