TOP > 政治・経済 > 安倍政権が残したもの:安倍政権の遺産は「ネット世論とデモする社会」 “ご飯論法”上西充子教授 - 毎日新聞

安倍政権が残したもの:安倍政権の遺産は「ネット世論とデモする社会」 “ご飯論法”上西充子教授 - 毎日新聞

34コメント 2020-09-16 13:02 | 毎日新聞キャッシュ

 7年8カ月超続いた第2次安倍晋三政権では、検察庁法改正案反対などでSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用した「ツイッターデモ」が起きた。首相や閣僚の論点ずらしを見破る「ご飯論法」を編み出した法政大の上西充子教授(55)は「皮肉なことだけれど、ツイッターデモが政権の遺産といっていいの...

ツイッターのコメント(34)

まあ、ネットで活動とかデモとかしなくてもまともな政治を選挙すればやってくれる世の中なら良かったんだがな…。----
「首相や閣僚の論点ずらしを見破る「ご飯論法」を編み出した法政大の上西充子教授(55)は「皮肉なことだけれど、ツイッターデモが政権の遺産といっていいのではないか」と指摘」
@910Hayashi @see_voices いまだネチネチとアベガーやってる毎日新聞もご参照ください
意見を言う人が増えた気はする
なるほど。笑えない話ですね。
安倍政権の遺産は「ネット世論とデモする社会」“ご飯論法”

感染が拡大しても、国会は開かず、記者会見にも出てこない。自粛や経済的な苦境により不自由を強いられた人たちが、安倍政権は「張りぼてだった」と気づいた……支持率が下がる一方でした。
今後も失業や困窮を訴える人たちは増加するでしょう。安倍首相はより深刻な状態になって責任を問われるよりも、健康問題を前面に出して国民からの批判を封じた。不都合なことを突かれると、論点をすり替えてきた安倍首相らしい終わり方
首相や閣僚の論点ずらしを見破る「ご飯論法」を編み出した法政大の上西充子教授は「皮肉なことだけれど、ツイッターデモが政権の遺産といっていいのではないか」と指摘する
「自粛や経済的な苦境により不自由を強いられた人たちが、安倍政権は「張りぼてだった」と気づいた」
「だから、メディア各社の世論調査では支持率が下がる一方でした」
「健康問題で突然パタっと幕を閉じたのではなく、国民が実情を知るようになり辞任表明に追い詰めた」
上西教授ご飯論法で有名だが、誰もがおかしいと思いながら見過ごした裁量労働制国会答弁の嘘とごまかし。これを暴いてから疑いの目を向けるようになった。
「「私たちはちゃんと見ているからね」というメッセージをしつこくしつこく送り続けることが重要だと考えています。」と。
健康問題で突然パタっと幕を閉じたのではなく、国民が実情を知るようになり辞任表明に追い詰めたのです。
コロナ禍で政治は国民生活に直結することを多くの人たちが実感しました。安倍内閣は私たちが「おかしい」と発信し続け、可視化しつづけたことで辞任に至ったという流れを止めてはいけません。「私たちはちゃんと見ているからね」というメッセージをしつこくしつこく送り続ける
「ご飯論法」本人の加藤勝信が官房長官とは。
安倍政権の遺産は「ネット世論とデモする社会」上西教授

「皮肉なことだけれどツイッターデモが政権の遺産といっていいのではないか。
職務に耐えられないほど重い病気というのは気の毒に思います。ですが健康問題を前面に出すことで巧妙に政権を投げ出したと感じます。」
上西教授:「私たちはちゃんと見ているからね」というメッセージをしつこくしつこく送り続けることが重要だと考えています。
最後の辞任理由も〝すり替え〟。一期目ときは会見に応じた慶応病院の担当医が拒否したことからも想像がつく。
論点ずらしや話のすり替えはパヨクの方々の常套手段でしょ?(笑)自分がやってるからって他人もやってると決めつけるあたりもまさにそれですな(笑)
安倍首相や閣僚の論点ずらしを「ご飯論法」を名付けた法政大の上西充子教授は「皮肉なことだけれど、『ツイッターデモ』が政権の遺産といっていいのではないか」と指摘します。
「「私たちはちゃんと見ているからね」というメッセージをしつこくしつこく送り続けることが重要だと考えています。」
負の遺産が盛り沢山で政権を投げ出したアベ。😡
その路線継承を宣言したスガ政権。😠
#安倍内閣 安倍さんが病気でやめた可哀想。だから支持します。なんて考えるようでは、また同じような権力の濫用が起こります。国民は、しっかり政権の実態を見て
『感染が拡大しても、国会は開かず、記者会見にも出てこない。自粛や経済的な苦境により不自由を強いられた人たちが、安倍政権は「張りぼてだった」と気づいたのでしょう。』⇨
コロナ禍で政治は国民生活に直結することを、多くの人たちが実感しました。「私たちはちゃんと見ているからね」というメッセージをしつこくしつこく送り続けることが重要だと考えています。
「こんな人達には負けられない」…こんな迷言も残したよ。
Q:安倍首相の辞任表明をどのように受け止めていますか。


職務に耐えられないほど重い病気というのは気の毒に思います。ですが、健康問題を前面に出すことで巧妙に政権を投げ出したと感じます。

…同意です
首相や閣僚の論点ずらしを見破る「ご飯論法」を編み出した法政大の上西充子教授は「皮肉なことだけれど、ツイッターデモが政権の遺産といっていいのではないか」と
第2次安倍晋三政権では、検察庁法改正案反対などでSNSを利用した「ツイッターデモ」が起きた。「皮肉なことだけれど、ツイッターデモが政権の遺産といっていいのではないか」
ツイッターデモが安倍内閣の遺産<
都合がいい人達。
安倍首相はより深刻な状態になって責任を問われるよりも、健康問題を前面に出して「休ませなければ」という空気を作りだし、国民からの批判を封じた

不都合なことを突かれると、論点をすり替えてきた安倍首相らしい終わり方だと思いました
> 感染が拡大しても、国会は開かず、記者会見にも出てこない。自粛や経済的な苦境により不自由を強いられた人たちが、安倍政権は「張りぼてだった」と気づいた
>健康問題で突然パタっと幕を閉じたのではなく、国民が実情を知るようになり辞任表明に追い詰めた
安倍政権が残したもの:安倍政権の遺産は「ネット世論とデモする社会」 “ご飯論法”上西充子教授...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR