TOP > 社会 > BLMたたく日本語SNS 大坂なおみ選手にも矛先 「権力者の言葉」あふれ - 毎日新聞

BLMたたく日本語SNS 大坂なおみ選手にも矛先 「権力者の言葉」あふれ - 毎日新聞

73コメント 2020-09-15 08:06  毎日新聞

 黒人に対する警察などの暴力行為を含む人種差別に反対する形で始まった運動「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大事だ、BLM)」。テニスの全米オープンで12日に優勝した大坂なおみ選手が支持を表明した...

ツイッターのコメント(73)

大坂なおみがBLMの中の暴力に賛同したり煽ったことは一度もない。
これだけは言っておく。
途中までしか読めなかったけど、できれば全文読みたい。
良記事:



BLMをBLTだのなんだのと間違え「中国」(←無理だって🤣)とか無根拠の噂を持ち出す日本語読者に驚愕...。この記事で基本的知識を身につけて欲しいものです
「BLMを非難している人も、実はBLMが問題としている社会問題に苦しめられているのかもしれない。格差が拡大し、少数者の差別が続く日本社会を点検し、自分と他者のしんどさを変える機会として引き受けるほうがいいのではないか」(ケイン樹里安さん)
毎日新聞「我らブサヨ様の信じる人権教のためには警官を少しぐらいぶち殺すのも正義ニダ!」。
-
運動を支持します
「BLMは極左暴力集団でテロリスト」「BLMは米国での差別横行を強調する中国共産党のプロパガンダ」はすごいな。
「暴力=極左」だったり、ウイグルやチベットに対する主張との矛盾だったり、破綻してる。
最近はテロ化しとるからな。はっきり言って日本でBLMしないでくれ、来ないでくれ、ああいう暴力行動見て黒人怖いって単純に思ってる日本人が多いだろうな。マジで。
コチラの記事を読まれた皆さん、ぜひ『現代思想』の土屋和代さん@kazuyo_tsuchiya の論考もぜひお読みください!

Black Lives Matterの「投資ー脱投資」の文脈がめちゃクリアになります!
: BLM運動の起点となったトレイボン・マーティンさん殺害について回想し、マーティンさんの名が記されたマスクをつけた自らの姿も発信した大坂なおみ選手のツイート=ツイッターから…
都市文化研究センター ケイン樹里安研究員のコメントが紹介されました(^^)/ ※有料版記事となっています。
日本人のリベラルな意識とか、人権についての考え方って欧米に比べて30年くらい遅れている気がするけどな
本当に呆れて絶望する
「BLM反対論はなぜ生まれるのか。批判者の発言に目立つのは、抗議活動に伴う形で発生している暴力や放火、略奪、殺傷事件などに対する反発だ」
僕は対戦のフェアネスの面でアンフェアだと思ってるんだけど、そういう見地の言説はなぜか出てこない。
本当になんでだろうね。
略奪や破壊・暴力行為はBLMを騙るただの犯罪であって、それがBLMだという人は理解力に問題があるだろう。
アホな日本人が多すぎ。
日本の名誉を傷つけている。
過激派に乗っ取られてる→
BLMデモを調べたところ、93%は平和的なもの。

デモに伴う暴力は批判しても「デモそのものは支持」の米国と「お上に盾突くな」の日本。
BLMを批判してるのは安倍政権支持者が多いように思うけど
江戸時代からいまだ進歩してないのか…
いやほら、我が国は民度が違うから()
この記事ほどクソなBLM記事は見た事がないなw

何故日本人がBLMを否定するのか。

アジア人を差別し、コロナウイルス扱いをしていて、自分達の権利だけ主張している事に憤慨している。
文字数
結局、日本ではマスコミも大企業もそしてSNSユーザーも「社会に物言う人」や「反差別運動」が嫌いな人間が多いって事だよね。日本は大正の自由民権運動からやり直さなきゃならないかも。
どんだけ毎日が力説してもなぁ
「本来のBLM運動は…「システミック・レイシズム(構造的人種差別)」への抵抗…こうした差別構造に関する理解が浸透していない」
「日本では…お上にたてつく行為であるデモには、無条件で反感を覚えるのではないか」

BLMたたく日本語SNS…
「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大事だ、BLM)」運動が日本でも注目されている。だが、日本語SNSの一部ではBLMへの激しい攻撃も見られ、大坂選手への批判も続く。
「日本社会でBLMについて語るということは、黒人と呼ばれる人々や在日コリアン、外国にもルーツをもつ人々への差別、同性パートナーシップの法的保障の欠如、子ども食堂に依存する貧困対策など、日本で生じている社会的な問題と共に語ることでもあるはずだ」とも指摘する…
あほかよ。スポーツの場に持ってくるなって話だよw
ボイコットとか単なる迷惑行為だし、オリンピックでやる馬鹿が増えるだけだろ
〈BLM運動は、黒人のみならず貧困層や性的マイノリティー(少数者)などが直面している構造的差別の問題を受け止め、公的予算の再配分を通じて状況を改善しようとする社会運動で「それは日本社会でも改善が必要な問題。日本にも親和性があるはずだ」〉―ケイン樹里安さん
構造的差別、差別されている人が権力の立場に立とうとする。
そりゃ暴力を持て囃すのはパヨクぐらいしかおらんやろ。「権力者の言葉」なんて言論封殺したがるのも。
賭けても良いけど、こんなの放置したら、来年の東京オリンピックは、そこで政治主張する奴らで溢れかえるよ。
竹島が韓国領とか言い出すだって出るよ。
つーか、出た事があるよね?
大坂なおみ選手への賛辞があふれる世界のSNS。一方、日本のSNSは、BLMの運動を批判する声が多く、大坂なおみ選手にも矛先が向けられます。デモの支持が広がる社会と「お上に逆らうな」と言う社会。その違いを考える記事です。
BLMを攻撃している連中の傾向を見ると、大概ネトウヨという不思議
:(米)「デモをする権利は基本的なものでそのこと自体に対する異議はあまり聞かない」
(日)「日本ではお上に従うことが一般的でお上が許可しないことを要求する、つまりお上にたてつく行為であるデモには無条件で反感を覚えるのでは」
≪BLMを非難する日本語の投稿は少なくない。
大坂選手は優勝後の記者会見で、人種差別の問題について「みんなに議論してほしかった」とBLM支持表明の理由を説明した。彼女に対しても、「黒人優遇運動をテニスに持ち込んだ」「テロリスト支持のプロパガンダ」などの批判が≫
反対しているのが年配の男性、共和党支持者とはわかりやすいですね。
堂本かおる氏:「日本ではオーソリティー(お上)に従うことが一般的で、オーソリティーが許可しないことを要求する、つまり、お上にたてつく行為であるデモには、無条件で反感を覚えるのではないか」デモが騒音や交通の混乱などで「迷惑」という日本での見方にも(続
声を上げる人に「優遇しろと訴えてる」と難癖つけて喧嘩売る人多い。

"日本のSNSでは『黒人優遇運動をテニスに持ち込んだ』『テロリスト支持のプロパガンダ』などの批判が見られる。こうした主張にどこまで根拠があるのだろうか"
今のBLM運動の問題をマスコミがまともに報じてないからやろ。
アメリカの平和とは実に尊いものだなー、全米オープンの治安の良さを実感できる。政治的意見を表明できるのは、あくまでも全米オープンを見に来られる観衆のリテラシーやら所得水準に依拠しており、これがサッカーとか比較的フリーな場所だと…無理だわな。。
雑な感想ではありますが、これは結構根が深いと思う。その深さというのは富国強兵とか言っていた頃のマインドがまだ心の奥に息づいているからではないかと思いました。 #
「BLMはテロ」日本語で批判 本来は貧困や暴力対抗が起点 ←今はテロや暴力、掠奪ばかりである事を暗に認めてる記事
何つーか、日本は名誉白人になったつもりの莫迦が多いという事だろうか?---------
会的な問題と共に語ることでもあるはずだ」
BLMを批判する人々が焦点を当てるのは「テロ」「略奪」「暴動」といった「取り締まる権力者側の言葉」であり「権力者との一体化が垣間見える」
無知なアホどもが陰謀論という陰謀に引っかかってBLM を批判しとるだけ。
ケイン樹里安さん〈BLMを批判する人々が焦点を当てるのは「テロ」「略奪」「暴動」といった「取り締まる権力者側の言葉」であり「権力者との一体化が垣間見える」とケインさんは見る〉
良記事。〈差別構造に関する理解が浸透していないことが、オンラインの日本語圏での反BLM言説の背景にあるのではないか〉という指摘はグレタさんや気候ストライキに参加する若者に対する攻撃的な態度にも共通点があるように思いました。
活躍しちゃいけないの?
差別と闘って良い人と悪い人がいるの?

民度が低すぎてつらい

大坂なおみ選手が会見でBLM支持の理由を「皆に議論してほしかった」と説明。日本のSNSでは「黒人優遇運動をテニスに持ち込んだ」「テロリスト支持のプロパガンダ」等批判が見られた:趣意
日本政府は何のコメントもしていない。差別運動はいつ自分たちに振りかかるか分からないから、スポーツと政治を切り離さすように誘導する。
米国でもBLM運動に伴う暴力的な動きには保守派からの非難はあるが、デモをする権利自体に対する異議は聞かない。
一方の日本語圏ではデモ行動そのものに対する反発がある。お上にたてつく行為であるデモには、無条件で反感を覚えるのではないか。
「日本ではオーソリティーに従うことが一般的で、お上にたてつく行為であるデモには、無条件で反感を覚えるのではないか」
「権力者との一体化が垣間見える」
虎の威を借る狐、というか、歪んだ所属欲求というか、これ、日本が貧しくなって余裕のない証だよ。
「BLMを非難している人も、実はBLMが問題としている社会問題に苦しめられているのかもしれない。格差が拡大し、少数者の差別が続く日本社会を点検し、自分と他者のしんどさを変える機会として引き受けるほうがいいのではないか」
ただし犯罪は許さないって姿勢がないからだよ。
話題になった世代の異なる3人の黒人男性の動画見てないの?
犯罪に走るなと必死で諌めるあの姿こそがBLM支持する人の中にあるべきなんだよ。
「失敗の本質」本で指摘の帰納演繹アンラーニングってプロセスを経てアップデートし優勝の大坂選手、社会も個人も同じでは?と提起、それを持たない集団組織性の日本文化に染まる人が反発?
ん?またもや論点ずらし、イメージ操作か?と思って記事の執筆者を見たら... ああ、なるほどねと😩

支持数や寄附金が多ければ正義なのかな?🤔
過激はその言葉の通り、激を過剰に行なってしまったことを指す。
激の感情は許されても必要以上の激は新たな傷を産んでしまう。
何を言おうが黒人さんの生き方の根本的解決が出来んとさ。
差別はなくなります?
その大元は何かと言うと大抵黒人さんの貧困でしょ。

じゃあ再教育の場を与えてくれと言えばいいという案。
「大坂なおみ選手は優勝後の記者会見で、BLM支持表明の理由を説明した。しかし、彼女に対して日本のSNSでは『黒人優遇運動をテニスに持ち込んだ』『テロリスト支持のプロパガンダ』などの批判が見られる。しかし、こうした主張に、どこまで根拠があるのだろうか」

「黒人優遇運動をテニスに持ち込んだ」「極左テロリスト支持者」「米国での差別横行を強調する中国共産党のプロパガンダ」等と、彼女が「怖くなった」と言うほど誹謗中傷した恥知らずな日本
優勝後もメディアは極右を恐れながら遠慮がちに称えるチキンぶり
(和田浩明記者) 私もコメントを寄せています。(有料記事)
大坂なおみ選手が支持を表明した「BLM」運動への批判の背景にあるものは?識者は「日本で生じている社会的な問題と共に語ることでもあるはずだ」と指摘します。
"一方の日本語圏。堂本さんの目には、デモ行動そのものに対する反発があると映る。「日本ではオーソリティー(お上)に従うことが一般的で、オーソリティーが許可しないことを要求する、→
>英米の研究者らが、今年5月26日から8月22日に全米で発生したBLMデモを調べたところ、93%は平和的なものだったという。
一部の悪をもって全体を否定するやり方は、ある人種や性別、民族などに属する個人の悪をもって全体を否定する差別の構造そのものである。
〈英米の研究者らが、今年5月26日から8月22日に全米で発生したBLMデモを調べたところ、93%は平和的なものだったという〉

一部の暴動は批判されるべきだけど、それと大坂なおみ選手の行動は別で考えないとじゃないかな。
たたくというか、マスゴミが妙にマスクのことばかり強調するから反動だろ
人種差別に反対する運動「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大事だ、BLM)」。大坂なおみ選手が支持を表明しましたが、日本語圏のSNSではBLMへの激しい攻撃や大坂選手への批判が続きます。なぜなのか探りました。
凄いな...。統合デジタル取材センターの人なのに...。
先入観無く、ちゃんと取材してる?
確かに暴力事件は起きているのですが、「93%は平和的」との調査も。抗議活動を生む「構造的差別」に目を向ける必要があるのでは、日本の社会問題に取り組む視座も提供してくれるかも。
日本社会において日本人が差別する側にいるが故としか思えない。
略奪や暴力的な団体を推奨していれば、当然の結果では?
BLMを叩いているのではなくて、略奪や暴力行為を叩いているんじゃね?
「権力者の言葉」あふれ...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR