「安全な環境でのみ五輪開催」 IOCバッハ会長 感染防止策を集中協議へ - 毎日新聞

10コメント 2020-09-10 11:46 毎日新聞

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は9日、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京オリンピックについて、安全な環境でのみ開催する考えを強調した。理事会後のオンラインでの記者...

ツイッターのコメント(10)

日本政府は4日に東京都や大会組織委員会と感染症対策調整会議を発足させ、コロナ対策に本腰を入れた。日本側とIOCの調整委員会が24、25日に予定されている。
以前は、前のめりなバッハ会長に対して慎重なコーツ氏という構図だったのが、ここに来て逆の図式に変化。IOCの内部で何らかの主導権争いがあることを窺わせます。「◯◯氏がこう発言した」だけでない背景の分析記事が必要。
ふふん、あわてて(コーツ発言に)水をかけて、かつ「逃げ道」も作ってる。さすが会長!
今何か言わないと中止に向かってしまうため、何か言った。そんな感じに受け取れた。
再延期はないということでいいのかなぁ。
何度も同じフレーズを聞いているのですが、「違うシナリオ」や「デッドライン」という単語を聞くとドキッとします。コーツ発言の火消しに走った感も否めません。
当然だろ。空気の読めない奴の発言を会長が必死に沈静化を図る始末。安全を確保すべき対象は、選手・ボランティア・開催都市の住民を含めた五輪関係者すべてだ。都民・日本国民の健康、命、暮らしをないがしろにした強行開催は断じて許されない
コーツ氏の「ウイルスがあろうとなかろうと来年7月23日に開幕する」発言の火消しでしょうか。。。「安全な環境でのみ五輪開催」
IOCのバッハ会長は、安全な環境でのみ、東京五輪を開催する考えを強調しました。
感染防止策を集中協議へ...
以上
 
PR
PR