「最長」の終わり:首相候補いない派閥が「勝ち馬への飛び乗り競争」 自民党総裁選にみる「ゆがんだ」政治 - 毎日新聞

27コメント 2020-09-02 20:21 毎日新聞

 安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選は、2日に出馬を表明した菅義偉官房長官(71)が岸田文雄政調会長(63)と石破茂元幹事長(63)を抑え、国会議員票で大きく優位に立っている。流れを決めたのは、無...

ツイッターのコメント(27)

国体は100人と少々が決定する

そしてそこのリーダー達に一任される事が実に多い

となると10人そこそこの人々が国政を担う事もあるとか無いとか

1927
勝ち馬に乗りたいっていう感覚が分からない。議員も国民も信念はないのか。
歪んどるのはお前らの方だろ。
昭和の自民党派閥は自派から総理総裁を出すために集結していた。だから派閥間の争いもあり有名な40日抗争が起きた。今の派閥はは何の為に集まっているんだ?最長」の終わり:首相候補いない派閥が「勝ち馬への飛び乗り競争」
鈴木哲夫氏「派閥政治がかつてよりもゆがんだ形で復活した。最悪です」

『腐敗政治の継承』
『改ざん、隠蔽、シュレッダー』
『安倍政治の腐敗強化版』

赤木さんに真実を。

#令和おじさんは反社おじさん
#赤木さんの再調査を求めます
国民はいつまでこいつらを許すのか
麻生さん、お願いします、このあとの舵取りは麻生さんしかいない!と安倍さんは言ってくれたのかなぁ。
麻生さんが良かった…
菅さんで解散、次の総裁選で麻生さんかな?

 自民党総裁選にみる「ゆがんだ」
ジャーナリスト 鈴木哲夫氏
「派閥政治がかつてよりもゆがんだ形で復活した。最悪です」
歪んだ毎日新聞、反日のテロ集団だなこれ。
雪崩を打つように派閥の支持が決まりました。現政権から「継承」するものは、政治家が考えている事と国民のそれとは少し違っているのかもしれません。
 
PR
PR