TOP > 社会 > 特集ワイド:「3密回避」世界が注目 英学術誌に「空気感染リスク」 国立病院機構仙台医療センター・西村秀一医師 - 毎日新聞

特集ワイド:「3密回避」世界が注目 英学術誌に「空気感染リスク」 国立病院機構仙台医療センター・西村秀一医師 - 毎日新聞

16コメント 2020-08-20 15:19  毎日新聞

 新型コロナウイルスは「空気感染」するのか――。そんな話題が7月に急浮上し、世界中に波紋が広がった。飛沫(ひまつ)感染や接触感染に次ぐ第3の感染経路の可能性が指摘された形で、早くから日本で取り組まれて...

ツイッターのコメント(16)

@t_t_raku 新コロ、空気感染するけど マスクは美容師の着用例などで感染防止に効果があると考えられています。ウィルスセンター長 西村秀一 先生の解説です。 元の投稿のクラスター感染例はマスク着用してないケースがほとんど。
2020.8.20. 東京夕刊
「3密回避」世界が注目 英学術誌に「空気感染リスク」
 国立病院機構仙台医療センター・西村秀一医師
以前から葬儀のやり方には疑問と不満を持ってました!これからは近親者の方には是非ぜひ会わせて頂きたいです。
学者の皆さんは、空気感染しないと言われていた常識に踏み込んでその可能性の可否をきちんと研究している。科学にタブーは無いが、それを見る似非ジャーナリストは、事実を取捨選択して都合の良いところを切り出す。世界が注目 英学術誌に「空気感染リスク」西村秀一医師
えっ、誰が「三密」に注目してるの?🥶😱

 英学術誌に「空気感染リスク」国立病院機構仙台医療センター西村秀一医師
「呼吸をしない遺体からウイルスは排出されませんし、万が一、遺体の表面にウイルスが残っていたとしても、触れないか手袋をすれば感染はしません。感染のリスクを恐れるあまり袋に入れて、ご遺族にも会わせないのは人道的に問題です」
飛沫感染より空気感染の方が起こりやすいらしい。でもマスクをしていれば大丈夫ということ。
「空気感染」するなら、患者がこんなに少ないわけないだろ。今の100倍はいる。目立ちたがり屋の馬鹿、乙。
毎日:

常に空気の流れのある環境と、一定時間ごとに換気する環境とではリスクが大きく異なってきそうな感触。
フェークニュースに近い。>
西村秀一医師。遺体からウイルスは排出されずウイルスが残っていても手袋すれば感染しない、葬儀で遺族にも会わせないのは問題と指摘。世間の感染対策は「ゼロリスクを求め、高額宝くじに当たるような確率のリスクまで注意しなければならないかのように強調されています」と。
物理的にも心理的にも日本は窮屈な国だね。
私のような素人から見ると「新型コロナは空気感染する」と学者が発表することが、ずっと以前から何らかの圧力によってタブーになっているように見えます。
三密回避は防止対策としては、限界なんじゃないの?感染者増加に歯止めかからない状況だよね。
「It is Time to Address Airborne Transmission of COVID−19(新型コロナの空気感染に取り組む時が来た)」。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR