TOP > 社会 > 「黒い雨」訴訟で広島市と県が控訴へ 国の援護区域拡大方針受け - 毎日新聞

「黒い雨」訴訟で広島市と県が控訴へ 国の援護区域拡大方針受け - 毎日新聞

18コメント 2020-08-11 21:21  毎日新聞

 原爆投下後に降った「黒い雨」を国の援護対象区域外で浴びた住民ら84人全員を被爆者と認め、被爆者健康手帳を交付するよう広島市と広島県に命じた広島地裁判決について、市と県は控訴する方針を決めた。市幹部が...

ツイッターのコメント(18)

わかりづらい。もう一つ意味がわからない
今からでも遅くありません。厚労省に抗議を。
2009年のいわゆる「8・6合意」以降も国はこの合意をずっと反故にしている💢
なんだそれ。拡大するなら先に手帳交付すればよかろう。
引用>被爆者援護法を所管し、訴訟にも補助的立場で参加している厚生労働省との協議で、援護区域の拡大に乗り出すとの回答を得られたため

やるとして何年先?
何度騙されれは?
それとも共犯?
〈厚労省は控訴の方針を堅持する一方、援護区域の拡大に向けて前向きな姿勢を示したという。市と県は原告だけでなく、黒い雨を浴びた人を広く救済できる可能性があると判断し、控訴の方針を受け入れることを決めた〉
判決の確定&区域の拡大がなぜできないのだろう???
勝訴した原告はどうなるの?「市関係者によると、控訴を巡る協議で、厚労省は控訴の方針を堅持する一方、援護区域の拡大に向けて前向きな姿勢を示した…市と県は原告だけでなく、黒い雨を浴びた人を広く救済できる可能性があると判断し、控訴の方針を受け入れることを決めた」
うーん。。。援護区域の拡大に乗り出すとの回答を信用するの? おそらく国は命が尽きるのを待っているはずです。 

> 国の援護区域拡大方針受け:
#国による控訴に抗議します
判決そのままで拡大させりゃいいだけなんじゃ?
もし、あした控訴したら、この国は民主国家ではなく、どこぞの中国と一緒。
恥知らずが控訴しやがった。
@karyn_nishi なんだか、いろんな駆け引きもありそうですね。
“市と県は原告だけでなく、黒い雨を浴びた人を広く救済できる可能性があると判断し、控訴の方針を受け入れることを決めた。”

これが解らない
なぜ控訴することでさらに広く救済が可能になるのか?
判決を受け入れた上で援護区域を再検討すればいい
記事からは被告である自治体が実質被告の国と板挟みの構図が見える。しかし行動としては被害者よりも国の方に顔を向けている。厚生省側が提案した姿勢とやらを説明するべきでは。
あれ、控訴することにしたのか。
「条件付き」の控訴受け入れです。
国の援護区域拡大方針受け...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR