TOP > 科学・学問 > 太陽フレア発生を予測する数式開発 大規模停電など回避へ光 名古屋大 - 毎日新聞

太陽フレア発生を予測する数式開発 大規模停電など回避へ光 名古屋大 - 毎日新聞

15コメント 2020-07-31 03:17 | 毎日新聞キャッシュ

 名古屋大の研究チームは、太陽表面の爆発現象「太陽フレア」の発生位置や規模を正確に予測する物理モデル(数式)の開発に成功した。太陽フレアは黒点やその周辺のエネルギーが爆発的に解放される現象。エックス線などが地球に降り注ぎ、大規模停電や人工衛星の故障などをもたらす恐れがあるが、数式による予測で、トラブ...

ツイッターのコメント(15)

これで三体問題の多少の進歩に役立つか。
なんだか…たいよう…でんきのかたまり…
記事のタイトルには何気に凄いことが書いてある:「大規模停電など回避へ光」

引用:
「正確に予測」ってのがすごい。あとこういう時はコメント欄が学者さんだらけ()
太陽風による衛星での障害を未然に防ぐのに役立つとのこと

> 31日付の米科学誌「サイエンス」(電子版)に掲載される。
「数式に従い、フレアの位置と規模を算出するという。2019年までの10年間に発生した九つの大規模フレアで試算したところ、七つで予測と実際の現象が一致」

規模を考えると精度すごい・3・
過去10年間に発生した九つの大規模フレアで試算したところ、七つで一致したとのこと
STEL時代に観測のお手伝い
技術は日々進化してますね。
太陽フレアの予測ができるか。 #
これは凄いなあ。世界的に役立つものですね。 / (毎日新聞)
これすごい研究なのでは。19世紀半ばに起きた大規模な太陽フレアと同程度のフレアが起きたら、現代文明は破滅的なダメージを受けるらしいし。
以上
 

いま話題のニュース

PR