TOP > 社会 > エッセンシャルワーカーに公費でPCR検査を 第2波への備え・上昌広医師に聞く - 毎日新聞

エッセンシャルワーカーに公費でPCR検査を 第2波への備え・上昌広医師に聞く - 毎日新聞

31コメント 2020-07-23 13:01  毎日新聞

 「日本の奇跡」と誇った状況は一変したかのようだ。新型コロナウイルスの感染者や死者の数が欧米に比べて圧倒的に少ないという楽観ムードは、再び感染が急増したことでかき消されてしまった。第2波に備えて、今、...

ツイッターのコメント(31)

第2波への備え・上昌広医師に聞く
(毎日新聞)

「日本の対策の大きな問題点は医療従事者、
介護士、保育士、教員ら社会インフラを支え
る『エッセンシャルワーカー』に、定期的に
PCR検査をする法的な枠組みがないこと」
上昌広医師、PCR検査が問題になった際、大手メディアに登場するも、その後は見かけなかった。厚労省詰め記者は、厚労省クズ技官から「あの方の話を聞くな」と誘導されたに違いなし。記者は先入観なく率直に質問したことが好企画になった。新聞記事、かくあるべしの代表例。
これ、仮に日本全国のスーパー従業員を検査したら無症状で陽性の患者が大量に出て、間違いなく臨時休業の嵐になると思うんですが、その辺先生はどうお考えなんですかね?
「「エッセンシャルワーカーらに検査を拡大するには感染症法の改正が必要です。国会を閉じている場合ではありません。」
「感染すれば命にかかわるリスクがある人たちでも、クラスター(感染者集団)にならなければ検査を受けられず、ほったらかしというのが日本の現状」 

 上昌広医師に聞く - 毎日新聞
北京では6月に感染者が増加した。北京の人口は約2000万人。うち既に1000万人超にPCR検査が行われ、その徹底した対応で抑え込みに成功。
人口約1400万人の東京のPCR検査数は「以前より増えた」とはいえ1日約4000件。国内全体の検査能力はいまだ約3万件にとどまる。
コロナ防疫のため、エッセンシャルワーカーに公費で定期的にPCR検査を実施すべきと言う上昌広先生の意見に賛成です。コロナ禍の中、まずはこの方たちが安心して働けるようすべきです。
それこそ、そんなお金あれば病院の赤字を補填してあげたほうがいいと思います。
こいつに聞いたらあかんて…
もっとおるやん…まあマスゴミにとって都合のいいこと言ってくれる人のチョイスとなるとこうなるのな

これがコロナ対策のかなめだと思う。

エッセンシャルワーカーに公費でPCR検査を 第2波への備え・上昌広医師に聞く - 毎日新聞
上昌広医師「国会を閉じている場合ではありません」
 ↑
ほんと、その通りだよ。
なぜ自民党は、この有事において、国会を開かずに逃げ続けているのか?
検査抑制問題、困るね💧💦

「『感染症対策の基本は早期診断、治療、そして自宅も含めての隔離です。検査しなければ何も始まらない』が。PCR検査の拡大が何より必要だと上さんは力を込める」

「 第2波への備え・上昌広医師に聞く」
上昌広さんの新聞インタビュー記事
『現在の東京のように、北京では6月に感染者が増加した。北京の人口は約2000万人。うち既に1000万人超にPCR検査が行われ、その徹底した対応で抑え込みに成功したとされる』
大規模検査でエピセンター潰しをしないと第二波が爆発
まともな専門家の意見に政権は耳を傾け国民の命を守るのが仕事だろ。目先の利権ばかりを追う政権の意を酌む偽専門家は事態悪化した時に責任は取れるのか?児玉先生や上先生に従え!
⇒・・安倍晋三首相は「PCR検査を増やす」と言い続けてきた。・・れは担当である厚生労働省と関連の国立感染症研究所(感染研)が動かないことが要因だ、と上さんは考えている、という!
とても重要なことが3つ書かれている。
①感染予防と経済活動を両立するための正しい方法
②なぜ専門家会議を「廃止」しなければならなかったか
③これから秋に向けて僕たち個人が備えるべきこと
何も手を打たず、挙げ句の果てに日本中にウイルスをばらまくGo To強行。アベは国賊!
@wanpakuten 安倍総理の発言
3つの密の回避
大声を出す行動を控えて
マスク・手洗い・消毒・換気などの徹底を

記者会見でもない
政府対策本部での発言

お気楽コンビの
安倍総理と吉村大阪府知事

GoTo開始で4連休
幻の東京五輪開会式
言うべき事は山ほど有る筈
PCR検査が予防的見地で積極的に増えていかない理由。当初から今に至っても厚労省役人技官と一部専門家の抵抗とは(*_*)それを許す政府、自民党も情けない。 #
他にはやることない。
「感染症対策の基本は早期診断、治療、そして自宅も含めての隔離です。検査しなければ何も始まらない」:
本当に。
国会閉じてる場合じゃないよ。まさかGoToで自民党議員地元に戻ってるのか?
「エッセンシャルワーカーらに検査を拡大するには感染症法の改正が必要です。国会を閉じている場合ではありません。
今すぐ国会を開いて緊急対策を!

都内は三百人超え
患者も入院できない!

検査もしてもらえない現状
クラスター予防を始めよう

自民党公明党に任せていたら
GoToにお金を使って
感染防止や医療支援にお金を使わず
自分が感染しても治療してもらえなくなっても大丈夫?
優先順位 を間違えちゃったね

第2波に備えて、今、本当に必要な対策は何でしょうか。「検査しなければ何も始まらない」。医療問題について提言を行っているNPO法人「医療ガバナンス研究所」理事長で医師の上昌広さんが語りました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR