TOP > 政治・経済 > フジ住宅 民族差別の文書、職場で配布「違法」 地裁支部判決 - 毎日新聞

フジ住宅 民族差別の文書、職場で配布「違法」 地裁支部判決 - 毎日新聞

13コメント 2020-07-03 05:24 | 毎日新聞キャッシュ

 職場で民族差別表現を含む文書を繰り返し配布され、精神的苦痛を受けたとして、東証1部上場の不動産会社「フジ住宅」(大阪府岸和田市)に勤める在日韓国人の50代女性が、同社と会長(74)に計3300万円の賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁堺支部は2日、計110万円の支払いを命じた。中垣内健治裁判長は「国...

ツイッターのコメント(13)

おそろしい会社…
「13年ごろから、従軍慰安婦などの歴史認識に加え、韓国や中国の出身者らを「うそつき」「野生動物」「死ね」などと侮辱する内容の雑誌記事などを全従業員に繰り返し配布した」
”同社は13年ごろから、従軍慰安婦などの歴史認識に加え、韓国や中国の出身者らを「うそつき」「野生動物」「死ね」などと侮辱する内容の雑誌記事などを全従業員に繰り返し配布した。”
法務省の2016年調査では外国人約4200人のうち約3割が、過去5年間に差別的な発言を受けた経験があると回答。
発言者は「見知らぬ人」が53%、職場や取引先の関係者38%など。
有料だから最初しか読めなかったけど、控室を分けるとか完全にsegregationistではないか
「外国にルーツがあるから通訳業務」というのは良くないんだけど、「運転免許があるから運転業務」というのもやめたほうがよいのではないか。最初から契約に含めておかないと。
画像は判決内容ではなく「レイシャルハラスメント」の例。
職場でのレイシャルハラスメントの事例
昨日の報道に続いて、詳報が掲載されました。
「フジ住宅は『社員教育の裁量や、言論の自由の観点から到底承服しがたい』とのコメントを発表し、控訴する意向を示した」

韓国、中国出身者を
「野生動物」「うそつき」と差別し、傷つけるのが社員教育とは……。
しかも東証一部上場企業で。
《判決によると、女性は2002年からパートとして勤務。同社は13年ごろから、従軍慰安婦などの歴史認識に加え、韓国や中国の出身者らを「うそつき」「野生動物」「死ね」などと侮辱する内容の雑誌記事などを全従業員に繰り返し配布した。会長が下線を引いて強調した文書も
フジ住宅は「日本人としての自信と誇りを取り戻すため」にやってると言ってる。その行為がかえって日本人として恥ずかしく誇りを失う😓
「判決はまず、労働基準法が、労働者に国籍によって差別的取り扱いを受けない人格的利益を保障している点を重視。」
ちょっと信じがたいです。東証1部上場の不動産会社「フジ住宅」 。判決によると、韓国や中国の出身者らを「うそつき」「野生動物」「死ね」などと侮辱する内容の雑誌記事などを全従業員に繰り返し配布していました。会長が下線を引いて強調した文書もあったといいます。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR