TOP > 社会 > コロナ夏休み短縮、思わぬ余波 先生の「働き方改革」 地方議会が次々反旗ひるがえし - 毎日新聞

コロナ夏休み短縮、思わぬ余波 先生の「働き方改革」 地方議会が次々反旗ひるがえし - 毎日新聞

3コメント 2020-07-02 22:29 | 毎日新聞キャッシュ

 教員の「働き方改革」の一環で学校の夏休みなどに休暇をまとめ取りできるようにする「変形労働時間制」に逆風が吹いている。2021年度から導入が可能となるが、新型コロナウイルスの感染状況によっては今年度に続き21年度も夏休みが短縮される可能性があるからだ。現場からは実効性を疑問視する声が強まっており、市...

ツイッターのコメント(3)

変型労働時間制が立ち消えになるかも知れない?
教員の働き方改革として公開に懐疑的な声もあった教員の「変形労働時間制」。コロナ禍で、その懸念が強まっています。
公立学校の教員を志望する学生はいよいよ減少するだろう。労働は過酷で責任は重く、批判は多方面から浴びせられ誰も庇ってくれない。
以上
 

いま話題のニュース

PR