TOP > 社会 > 「疫病退散の祭りで病人出ては本末転倒」 祇園祭の山鉾建ても中止 - 毎日新聞

「疫病退散の祭りで病人出ては本末転倒」 祇園祭の山鉾建ても中止 - 毎日新聞

7コメント 2020-07-02 20:51 | 毎日新聞キャッシュ

 2020年の祇園祭は、本来は京都市中心部に建ち並ぶ壮麗な山鉾(やまほこ)が全く見られない、寂しい夏になることが確定した。全34基の山鉾の保存会代表者や山鉾連合会役員らが2日、八坂神社(京都市東山区)へ参拝した後、連合会の木村幾次郎理事長が全ての山鉾を建てない方針を正式に表明した。木村理事長は「疫病...

ツイッターのコメント(7)

@GPart2 マジレスですが、このように…

「木村理事長は「疫病退散を本義とする祭りで、病人を出しては本末転倒だ」と理由を説明した」
今年の祇園祭中止なんですね。
残念ですが仕方ないですね。
本当に本末転倒。
疫病退散の為の儀式だと思ってたのに、いざ疫病が蔓延したこの時期に行わないってのが、意味分からん。
もはや、祇園祭は観光行事って事ですね。
祇園祭は、悪疫退散の祈願祭であった……
という記述を梅棹忠夫氏の本で読み、もしやと思ってググったら、やっぱり…
まさに「本末転倒」ではないかと。
久しぶりにマトモで(^_^;)
それでも何か出来ないかということなので、貞観の祇園御霊会の、本当に鉾だけを掲げる形にしたらどうかなぁ。つまり粟田祭の剣鉾のスタイル。粟田神社に協力してもらって。
祇園祭の山鉾建ても中止...
以上
 

いま話題のニュース

PR