TOP > 社会 > 藤井七段「充実感あった」 終盤にも1時間超の長考し寄せ切る 王位戦第1局、貴重な白星 - 毎日新聞

藤井七段「充実感あった」 終盤にも1時間超の長考し寄せ切る 王位戦第1局、貴重な白星 - 毎日新聞

4コメント 2020-07-02 19:31 | 毎日新聞キャッシュ

 愛知県豊橋市のホテルアークリッシュ豊橋で1日から行われた将棋の第61期王位戦七番勝負第1局は2日、挑戦者の藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に95手で勝ち、タイトル奪取に向け先勝した。藤井にとって棋聖戦に続くタイトル戦で、初めての2日制対局だったが、堂々とした指し回しで勝ち切った。第2局は...

ツイッターのコメント(4)

ええ顔してるで
 王位戦第1局、貴重な白星(毎日新聞)
王位戦七番勝負第1局を指し終えた藤井七段。「2日制は初めてだったが、充実感があった」と語る内容は。
タイトル戦が続いて体力的に大変だろうなぁ。

 王位戦第1局、貴重な白星 - 毎日新聞
王位戦第1局、貴重な白星...
以上
 

いま話題のニュース

PR