TOP > 社会 > 藤井七段が王位戦先勝 タイトル奪取に向け95手で木村王位破る - 毎日新聞

藤井七段が王位戦先勝 タイトル奪取に向け95手で木村王位破る - 毎日新聞

6コメント 2020-07-02 18:05 | 毎日新聞キャッシュ

 愛知県豊橋市のホテルアークリッシュ豊橋で1日から行われた将棋の第61期王位戦七番勝負第1局は2日、挑戦者の藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に95手で勝ち、タイトル奪取に向け先勝した。藤井にとって初めての2日制対局だったが、堂々とした指し回しで勝ち切った。第2局は13、14日に札幌市厚別区...

ツイッターのコメント(6)

この子ほんとに17歳なの?
藤井聡太七段、頑張れ〜!
次の一手が歴史を変える!
終盤観てたけど、なかなか捕まえられなかったので、一発逆転されるのかと思ったけど、落ち着いてたなあ。
こういうのはパークホテルなイメージが
すごいとしか言いようがないです。

・初めての七番勝負2日制の対局で勝つ
・相手は名だたる将棋棋士が難敵と称する木村一基王位
・しかも棋聖戦五番勝負にも挑戦中
・番勝負で負けなし
藤井七段が先勝 タイトル奪取に向け95手で木村破る 王位戦第1局 - 毎日新聞
以上
 

いま話題のニュース

PR