TOP > 政治・経済 > 岩手の4市町村、県外からの転入生に自宅待機要請 教委「いじめ避けたかった」 - 毎日新聞

岩手の4市町村、県外からの転入生に自宅待機要請 教委「いじめ避けたかった」 - 毎日新聞

17コメント 2020-06-24 20:41  毎日新聞

 全国で唯一、新型コロナウイルス感染者が確認されていない岩手県で、4市町村の教育委員会が感染者の多い県外から転校してきた小中学生の保護者に対して一律に登校を2週間控えるよう求めていたことが明らかになっ...

ツイッターのコメント(17)

不適切ではないと思う、未だに観戦ゼロはこういう処置の結果だと理解するし。見習うには遅いけれど、このまま結果残せれば世界に示す処置としては有効で成功例かと思うが。
他生徒や教員に感染させるリスクをとれば正しい判断。しかし、感染者が出ていないので「やりすぎ」と言われる。出てしまった場合は「なぜ待機要請しなかったのだ」と言われるだろうな。
やばいよね。
3月下旬~4月下旬?国が企業や公務員の、県を跨ぐ人事異動にも制限かけてたら違ったんじゃ
●岩手県、4市町村の教育委員会が
感染者の多い県外から転校してきた小中学生の保護者に、登校を2週間控えるよう要請。
文科省が「不適切」と指摘、要請を続けていた各教委は見直しに
いじめを取るか、差別を取るか…

で、差別を取りました ってこと?
教育委員会によるいじめが行われた例
これは岩手県の方が正しいのでは
この時点で「いじめ」だと思うんだけど・・・
なぜ不適切なのでしょう?誰でも感染しうるからこそ予防措置を講ずるのはむしろ適切な判断ではないですか?教委も正しいと思って判断したのなら、国の言いなりにならず反論すべきです!
- 感染者の多い県外から転校してきた小中学生の保護者に対して一律に登校を2週間控えるよう求めていたことが明らかになった。文部科学省は県教委に「不適切」と指摘 - 毎日新聞
4市町村は一関市▽奥州市▽洋野町▽九戸村。
法的な根拠は知らんが、感染拡大の防止としては適切な対処の様な/
村八分が残るど田舎の岩手県。
人として恥ずかしい。
岩手市町村、県外転入生に自宅待機要請
岩手県の4市町村教委が、感染者の多い県外から転校してきた小中学生の保護者に対して一律2週間の自宅待機を要請。文科省の担当者は「学校が子どもに『コロナは誰もが感染する恐れがある』と教育すべきだ」としました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR