TOP > 政治・経済 > 焦点:持続化給付金、異例の中間検査 経産省、火消し迫られ 「中抜き」批判高まり - 毎日新聞

焦点:持続化給付金、異例の中間検査 経産省、火消し迫られ 「中抜き」批判高まり - 毎日新聞

18コメント 2020-06-09 05:40  毎日新聞

 中小企業などに現金を支給する経済産業省の「持続化給付金」事業の業務委託を巡って批判が強まる中、梶山弘志経済産業相は8日、外部の専門家を入れた検査を実施することを表明した。同日夜には、事業を受託した一...

ツイッターのコメント(18)

コロナ対策では、検査拒否、そして、給付金の「中抜き」って、これは、日本人による日本人の迫害、虐待だよ!「ふざけんな」「いい加減にしろよ」💢😠💢
竹中平蔵の会社ですね
この手の中抜きは昔からやってるようです、こんな状況で守銭奴の極みですね
そもそも論として、中抜きが無いように中間検査が必要なほど信用がない企業になぜ発注したの?という話。中間検査にはカネも手間も人的リソースも必要なわけで。責任は何処に?➡️
梶山経産相が「持続化給付金の委託事業の中間検査を実施する」と、外部の専門家を入れた検査を実施することを表明した。

「外部」という名のオトモダチじゃなきゃいいけど🙄
中間検査って言われても、委託そのものがおかしい。
この類の業務委託費を低減させるとしたら、反射効果として諸リスクが高まることを許容しないといけない。一部野党・マスコミは口撃しかしないから気楽だろうけど、今こうした糾弾をするのは給付金事業の迅速な実施には邪魔モノ以外の何でもない。本件の反省は後回しでいい。
還流で泥棒の元締めみたいに国民が考えている経済産業省が、自らの関与も疑われているトンネルを中間検査できるのか? 安倍政権の閣僚や安倍晋三の名前がもし出てきたとき、隠ぺいしないと国民は思うと考えているのか?
「中間検査したところ、全て適切に処理されていました」
「どんな検査をしたんですか?」
「申し上げられません」
「それじゃ分からないじゃないですか」
「説明したとおりです。以上」

スガ「全て適切であったと承知している」

こうなるに決まってるんだから、ポーズは不要
申請書不備と難癖つけて業務の、遅延をカムフラージュ
申請、申請不備、認定、支払い件数、すべて逐次報告させろよ
電通の本心

「このお金、好きなように使っていいよ」と言われたから、好きに使っただけなのに…。
この中間検査には外部の専門家だけでなく、与野党の国会議員も立ち会いするべきです。専門家といいながら高橋洋一みたいなのが入られても困るので→
相手は公文書改竄すら朝飯前の連中です。こんな中間検査はポーズに過ぎず、もはや自浄力は期待できません。きちんと国会を継続し絶え間ない追及の砲火を浴びせるべきです。
詐欺師が泥棒を検査するみたいな話ですか?
「サービスデザイン推進協議会」と、再委託を受けた大手広告会社、電通の責任者も記者会見を開催。野党などから追及を受け、官民そろって火消しに乗り出した形だが…
電通副社長「2・3兆円の事業を直接受注すると、貸借対照表上問題があるため、経理部門の判断で直接受注は不適切と判断した」

だからサデ推進協議会が経産省から業務を受注し、電通にそれを再委託し、さらに子会社に丸投げしたと。火消しに必死だが火に油を注いでいるとしか。
>昨年秋に発覚した関西電力の金品受領問題で、関電は第三者委を設置。経産省が昨年秋の臨時国会で「第三者委で調査中だ」と繰り返し、野党の追及をかわしたことの再現を警戒
ま、この流れで、その回答じゃ野党の反応ももっともだわな…>"経産省担当者「中間検査と2次補正は別物」
検証前に委託先が決まる可能性をにじませた回答に、野党側は猛反発"
電通の副社長は「2・3兆円の事業を直接受注することは貸借対照表上問題点が出てくるため、経理部門の判断として(委託業務を直接受注することは)不適切と判断した」と話しました。 この説明はなるほどと思います。一方で再委託は伏魔殿にする恐れもあります。そこに留意を。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR