TOP > 社会 > 「私は若い人に高度医療を譲ります」 注目浴びる新型コロナ「意思カード」 - 毎日新聞

「私は若い人に高度医療を譲ります」 注目浴びる新型コロナ「意思カード」 - 毎日新聞

1057コメント 2020-06-06 20:06 | 毎日新聞キャッシュ

 新型コロナウイルス感染症を巡り、高齢の患者が集中治療を若者に譲ることを想定した意思カードに注目が集まっている。公開したのは、循環器内科医の石蔵文信・大阪大招へい教授(64)が代表を務める団体。人工心肺装置など医療資源が逼迫(ひっぱく)した現場で、どの患者に使うべきか「命の選択」を迫られた場合の医療...

ツイッターのコメント(1057)

持病があるから重症化リスク高いし、ポンコツ臓器の提供はできないらしいから、こういう選択肢で社会的貢献できたら、とも思う。
この記事を読んだときの直感的な違和感(というか危機感)も、前掲記事にあるようなことにつながると思ったからだった。
こんなカードあったんだね🙄知らなかった。
これな「私が認知症になって1人で生活出来なくなった時は安楽死させて下さい」ってカードも作ってくれんかな?
自分は欲しいけどなぁ
確かに野獣先輩に見える
~私は若い人に高度医療を譲ります」~
◎注目浴びる新型コロナ『意思カード』
カード発行は見捨ての合理化では?
なんか意味わからない。

国はじめとして
なんかコロナ禍便乗しておかしな方向に…
かのテレビ出演でお忙しい知事の地域では
医療辞退カードも配られてたじゃないですか
そこを脱して アメリカやヨーロッパのように
死体袋が足りません なんてことは 
起きないといいのですが
これ心がざわざわする… 意思表示する側も辛いけど、このカードを持っている高齢患者を目の前に、医療関係者は「分かりました」とストレッチャーを別の部屋に持っていけるものだろか…
「脳死状態になったら、臓器提供をします」とかと同じに捉えられないのは当然よね。医療現場での精神的な切迫感の中、「的確な判断」を求められ、後々医療事故として訴えられないようにする為のツールが欲しいのはわかるけど。
譲られた方だって負担です
気分の悪くなる内容。医療資源を充実させるべきなのに、何なのか

記事より。「循環器内科医の石蔵文信・大阪大招へい教授(64)が代表を務める団体」「日本原始力発電所協会」(が公開したカードは)「『命の選択』を迫られた場合の医療従事者の精神的負担を減らすのが目的」
10兆円も予備費があるから、
譲る必要ないですよ❣️
集中治療を譲るカード「人工呼吸器などの高度治療を受けている時に機器が不足した場合、私は若い人に高度医療を譲ります」

僕は「胃瘻などの生命維持装置は拒否する」と家族に伝えてあるが、上記カードは反対。政府の責任である機器不足で高齢者は死ねと言われる筋合いはない
新しい楢山節考だな、、、
若いからって生きる権利がありますってはないよね。普段は人権、人権言ってたら、引くわ、、、、、
一般社団法人「日本原始力発電所協会」怪しすぎる団体。厚労省がこういうカードを作ったのかと思ったら違った。
これはわざわざカードにする必要もない当然のこと。命の選択を迫られた時、予後も不良な老い先短い老人を優先する合理的な理由はない。
必要な人に医療を施せない??
そういうのを『医療崩壊』っていうんじゃないですかね。。

>>
@Simon_Sin @ChouIsamu いやいや、こんなカードをつくるやつがいるご時世です。
確かに年寄りには一定の恨みはあるが、実際に見るとゾッとする。こわい。
何これ?医師が代表を務める「日本原子力発電所協会」のアイデアだそう。高齢者の健康をサポートする団体らしいがなぜ血栓予防や免疫に言及しない?重症化しなければトリアージ不要でしょ?

「私は若い人に高度医療を譲ります」注目浴びる新型コロナ「意思カード」-
「高齢」とか「若い」って何歳からと何歳まで?
同年齢より健康だったり問題抱えてたりしたら?
とか更に悩みそうだし。
「批判は承知だが、いずれ訪れること」などとしたり顔で語りつつ、医療福祉切り捨ての結果としてある脆弱な医療体制の現状について全く触れぬまま「命の選別」を主張。こういう発想こそがT4計画や安楽死、日本的優生政策といったファシズム優生政策の伝統を支え続けてきた。
これこそ医療崩壊ではないのか
これ、一概に悪いとは思えない私がいます。
トリアージという考え方もある。
ただ、今の状況では拙速過ぎる事も事実。最期を考えることは、より良く生きることとイコール。よりよい人生を遅れたのか?この国で。
為政者の都合のいい解釈で人生を終わらされるのは反対。
まずはこの64歳の教授と、64歳以上の国会議員全員と経団連会長と竹中平蔵が自署したのを確認してから、考え始めてもよろしいか?(怒
深沢七郎の名作「楢山節考」や、SF映画「ソイレント・グリーン」を思い出す。老いぼれがいつまで生きてるんだ、さっさと死ねやという同調圧力の元となりそうな。「臓器提供カード」とは根本的に違う。「命の選択」を迫られる医師の精神的な負担と、人間の命のどっちが大事か。
老人に此れを見せたら、多くの老人が署名するわな。老人からしたら文句のつけやうないもんな。
そもそもこんなカード作ることが間違ってると思ふ💢
私は若い人に高度医療を譲ります」
今朝のニュースで、チリは経済活動再開させた後、感染第2波がきてパンデミック→医療崩壊とのこと。
日本は、このようなカードが普及するようなことのないよう医療体制を整えているのか不安です。
今の90代の方は子供時代を戦争で過ごしたている。病院がこのカードを渡したら仕方がないことと署名するだろう 。ジェノサイドが再び起きようとしている。
発案者御本人は記入の上このカードを所持、との事だけど。
当然この協会会員は全員、記入所持してるんだよね?
なら先に安楽死認めろよ!
コロナとは無関係に,延命治療を拒否する意志表示の拡大版と思えば,限られた医療資源を効果的に使うためにこういう意志表示が可能な社会になってもいいと思う。ただ,安楽死とセットにして欲しいかな。ぽっくり楽に死ねるなら,僕は若い人に医療資源をどんどん譲りますよ
ひどい言う人もわからんでもないけど、個人的には年齢無差別に全然譲る超譲る。どうぞどうぞ!
「排除」と「選別」を、命に直結する場面で具現化。
これに、日本特有の封建的遺制で宿痾である同調圧力が加わると…。
『楢山節考』の世界やろ。
姥捨。しかも、自由意志で当人が決断したという証明書付き。
一体、誰にとっての免罪符なのか?

反対する。恐ろしい愚行だ。
これ見た時、涙出ちゃった。簡単に言えばもう高齢だから諦めるよ、若い子たちは頑張ってねって事でしょ。自分の大切な人がこれを持つって考えたら胸が苦しくて仕方ない。コロナって本当恐ろしい。自分の身勝手な行動で周りの誰かの命を奪うって自覚しなきゃダメだね。本当に。
こんなカードができてしまう時点で医療崩壊してる気がするわね
「アクセス数はそれまでに比べ100倍以上に急増」といっても、1が100かもしれませんので、ちょっと保留。
これ真に受けて署名すると、医療が受けられないだけじゃなくて、医療資源が現状で間に合ったことにされちゃうんだよな。カード考案した人も「医療資源よこせ」と政府に向けて言うべき。
これはすでに「悪ふざけ」を超えているのではなかろうか?同調圧力で高齢者に医療を受けることを諦めさせることになりかねない。
いや、これはアカンでしよ。
持ってねえ年寄りが、非難されること請け合い。
なんなんだこれは( -ὢ- )>
賛成します。
ベットが空いていない中で若い人を押しのけて高齢者が高度医療にすがるのは、迷惑かけるかも。
政治(国)の無能無策を、国民の命で尻拭いさせることにならないように、医療に予算をつけるべき。
現場の医師たちが声を上げ、機器の拡充と病床拡大に取り組むべき処を、立場の弱い老人に負担を強いて死を迫るなんて、無責任で筋違いなたわ言だよね。

に反対します。
比較的リベラルと思われている毎日新聞で、こういうものを肯定的に記事にしてしまう時点で日本は末期的と感じる。生命の選別。まともな知性があれば、即座に否定されるべきものだ。
ドナー登録的な?
んー。なんかもやっとするけど。試みとしては新しいですね
これ何だ!
ツッコミどころ満開!
人工心肺装置など医療資源が逼迫した現場を作ってるのは、無策無能な政府であり、それを医師や患者本人に押し付けるのは責任転嫁甚だしい。先ずは医療体制を整えるべき!
に反対します!
ところで余談ですが「原始力発電」ってどういうエネルギーで発電するのでしょうか?
もっと見る (残り約1007件)
 

いま話題のニュース

PR