TOP > 社会 > 新型コロナ 非正規女性29万人減 3月労働力調査、男性は2万人増 母子・単身「生きられない」 - 毎日新聞

新型コロナ 非正規女性29万人減 3月労働力調査、男性は2万人増 母子・単身「生きられない」 - 毎日新聞

14コメント 2020-05-26 16:40  毎日新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響による雇用情勢の悪化で、特に女性の非正規労働者に深刻な影響が出ている。総務省の3月の労働力調査では前年同月比で男性の非正規労働者が2万人増だったが、女性は29万人も...

ツイッターのコメント(14)

シングルマザーの支援を支援したい。
「助けて。災害備蓄用の米が3パックしかない」(関東40代母親)
「光熱費が払えず、ライフラインが止まった」(東北30代母親)

ユニオンや地域の仲間たちと「生きさせろ」の声をあげよう

 
非正規女性29万人減 
3月労働力調査
(毎日新聞)
”このうち25万人は子育て世代の35~44歳に集中”
の母子世帯、単身女性への、深刻な影響。
3月労働力調査、男性の非正規は2万人増、女性は29万人減。
国連などが、女性が経済的な悪影響を被ると指摘した現象が、日本でも。
政治が、目を配り、配慮する必要があります。
こんな制度こそ変えなければコロナでも災害でも不況でも安易な首切りが許されてしまう。
このままだと餓死者も出るかもね。------
「経済状況の苦しい母子世帯や単身女性への打撃が大きいとみられる」→
3月労働力調査で前年同月比で男性の非正規労働者は2万人だったが、女性は29万人減だった。
そのうち25万人は子育て世代の35歳~44歳に集中している。
経済状況の苦しい母子世帯や単女性への打撃が大きい。

解雇・雇い止めは男女合わせて1万人を超えた。一刻も早く支援が必要
母子・単身「生きられない」毎日新聞

「息子の保育所も決まり、4月から働くはずでしたが、仕事がなくなりました。子どもに食べさせるため私は1日1食にしています」
こんな声を政府は聞こうともしない
非正規増やしたのは、小泉、竹中平蔵お前らだろう。
責任はとれや。
非正規で45歳以上の雇用は逆に増えているようだが、44歳以下で職を失う人が増えているようで、単身者や母子世帯では食費や家賃も覚束ない人も。救済制度を利用したくても、給与明細さえ出してもらえない人もいるらしい。
「息子の保育所も決まり4月から働くはずでしたが仕事がなくなりました。子どもに食べさせるため私は1日1食にしています」。北陸地方で1歳の長男を育てる20代のシングルマザーの声です。新型コロナの影響で非正規で働く女性の休業や失職が広がっています。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR