TOP > 科学・学問 > 「科学的正当性ない」 ゲーム条例高松の親子提訴へ 知事「コメント控える」 - 毎日新聞

「科学的正当性ない」 ゲーム条例高松の親子提訴へ 知事「コメント控える」 - 毎日新聞

13コメント 登録日時:2020-05-20 09:51 | 毎日新聞キャッシュ

 「ネット・ゲーム依存症対策条例」は憲法に反しているとして、高松市の男子高校生(17)と母親(42)が今夏にも香川県を相手取った訴訟を起こすことが明らかになった。子供のゲーム時間の目安を規定し、努力義務として求める異例の条例は全国的な議論を呼んできたが、その是非は法廷の場で問われることになる。【金志...

ツイッターのコメント(13)

県を訴えてもな。訴えるなら議会というか議長やな。ゲームしてた娘に邪険にされた大山一郎がゲームに私怨を抱いたのが発端だし議会を私物化して制定したもんだからな。パブコメを住民投票のように用いたり。腐った民主主義の象徴みたいなもんだ。トリューニヒトもビックリ。
子供の学力低下を憂慮しているのであればまず直接的な教育補助はしたのか?という話になるし
子供の面倒を見きれない親のサポートをしているかという話になるし
依存症がダメなのであればまずパチンコ等から始めては?と思う
>憲法13条が保障する幸福追求権やプライバシー権、自己決定権などの侵害にあたると主張している

これはいい攻め
お、やっぱり憲法13条使ってきたwww
「ゲーム時間の規制は幸福追求権を侵害する!」
いいぞもっとやれwww
個人的にガチで応援してる
どう考えてもゲームよりタバコとかの方が体に悪いゲーム制限するならタバコ、酒も制限しろや
怒ってる人には悪いけど違憲は無理だと思う。
それなら科学的根拠まで確立されてない中でのコロナの自粛とかも、全部違憲になるんじゃないすか。
「ネット・ゲーム依存症対策条例」は憲法に反しているとして、高松市の男子高校生(17)と母親(42)が今夏にも香川県を相手取った訴訟を起こすことが明らかになりました。
議会が会派横断で条例化を進めてきたゲーム条例に、知事は一度も疑問を呈さずに追認してきたので、さすがにコメントできないだろう。地方自治、民主主義のあり方を一人の高校生が問い直している。

”「科学的正当性ない」
ゲームを悪者にし、「私はゲームを規制しました!悪を退治しました!」と下らん喧伝を目的の腐った県議会議員に鉄槌下す良い機会だわな。
知事「コメント控える」...
以上

記事本文: 「科学的正当性ない」 ゲーム条例高松の親子提訴へ 知事「コメント控える」 - 毎日新聞

いま話題の記事