TOP > 政治・経済 > 頼みの高速バス激減、苦境の地方バス会社「路線バス止めるわけにはいかない」 - 毎日新聞

頼みの高速バス激減、苦境の地方バス会社「路線バス止めるわけにはいかない」 - 毎日新聞

12コメント 2020-04-22 15:11  毎日新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大により、地方の足を支えてきたバス業界が苦境に立たされている。政府が7日に首都圏などに対して緊急事態宣言を出した後、首都圏や関西への高速バスなどの需要が激減。都市部への高速...

ツイッターのコメント(12)

今は公共交通機関の使命より移動自粛を優先させるべき時なんだがな…
地元路線バスなら使命でもいいけど、都市間移動なら不要不急だろ。
地方バス会社は長距離バスの収益で地域交通の赤字をカバーしている。長距離バスを走らせても空気を運んでいる状態が続けば地方の地域交通は破綻しかねない……。
ううむ…厳しいぞ…
バス業界が苦境に立たされている。緊急事態宣言を出した後、首都圏関西への高速バスなどの需要が激減。高速バスの収益は路線バスをカバーしてきただけに経営は厳しい局面を迎えている。
地方のバス会社、マジでヤバい。
「完全に運休した方が楽かもしれないが、公共交通機関の使命として運行を続けている」。地方の足を支えてきたバス業界が苦境に立たされています。
群馬はバスの本数が1時間に一本あれば良い方です
なんて紹介をしますが、それでも無いよりはマシだし、必要としてる人がいるのも事実
お客さん来ないから休みにしよっかなんて簡単に言える業界はまだ深刻度としては低いのかなと思ってしまう
よく使ってるけど、さすがに乗る訳にもいかず。
しかし、住んでいる地域の便も幾つか休止。
COVID-19が落ち着いた後も路線が復活しないのかもなぁ…
東北のバス会社の苦境が紹介されています。このままでは地域の足を守る事が出来なくなってしまいます。
公共交通機関にも、一刻も早い支援が必要です。

頼みの高速バス激減、苦境の地方バス会社「路線バス止めるわけにはいかない」(毎日新聞)
「バス」というインフラの危機もとても心配だ、、、。ただ、「移動の制限」がかけられている中、もうどうしようもない…。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR