TOP > 社会 > 新型コロナ・緊急事態:保健所逼迫、もう限界 毎日深夜残業、休みほぼゼロ - 毎日新聞

新型コロナ・緊急事態:保健所逼迫、もう限界 毎日深夜残業、休みほぼゼロ - 毎日新聞

13コメント 2020-04-20 05:46 | 毎日新聞キャッシュ

 新型コロナウイルス対応の最前線である保健所の業務が逼迫(ひっぱく)している。感染者が急増する中で、住民からの電話相談や入院先の調整、自らも感染の恐れがある感染者の搬送など、数多くの仕事に追われているためだ。「経験したことのない状況が続いている」「患者の発生に仕事が追いつかない」。ほとんど休みも取れ...

ツイッターのコメント(13)

「システム上の問題」?行政の対応、政府の対応がおかしいんじゃないか?責任取れ!
:(;゙゚'ω゚'):コールセンター前に出ろ
マジでこれな。
電話回線は増設しても、相談を受けることができる保健師が足りてない。
自分も手伝ったが専門家でないので手に余る。
写真の通り、電話でヒアリングして、手書きでメモをして、報告用のデータをパソコンで。
こんな事務コストはテクノロジーの力で大幅に圧縮できる。大阪府とサイボウズのコラボモデルを。
なぜ保健所を通さない民間検査が普及しないのですか? >厚労省
病院もパンク寸前だが、各保健所の現状も限界に近い。電話相談業務の外部委託は外部機関との調整が必要なためほとんど進んでいないという。感染経路の聞き取り調査も難航している、と。>
新型コロナに関する主な業務
・市民からの電話相談
・PCR検体の運搬
・感染疑いの人の経過観察
・陽性患者の病院搬送
・感染経路の調査
・濃厚接触者の調査
多くは十数人〜二十人程度の体制

新型コロナ緊急事態:保健所逼迫、もう限界 毎日深夜残業、休みほぼゼロー
「厚生労働省は、電話相談業務の外部委託など保健所の業務削減を全国の自治体に呼びかけている。だが、職員が仕事に追われる現状の抜本的な改善にはつながっていない。」
資格なんぞいらない業務だけでも他の人の助けを借りることにより、緩和できないのかな?守秘義務が必要なら、職員の親戚などを優先採用して。
日頃の国民の政治に対する無関心は命を脅かすことを改めて自覚する必要があります。
新型コロナ・緊急事態 保健所逼迫、もう限界
大阪も同じ状況だけど、マスコミはあまり報道しない。
大田区保健所、毎日、約300件の電話相談とのこと。
保健所は職員全員が過労死ラインを超えそうな激務。保健所がボトルネックになったのが行政の失敗との指摘は説得力があります。クラスターの追跡から解放してあげられれば。白鴎大学の岡田晴恵教授の提起する「発熱外来の設置」「相談・検査・治療の分離」は正しいと思います。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR