TOP > 国際 > 米国「死者全体の4割が黒人」 経済・医療格差原因か 米国の死者2万人超に 感染「第2波」の恐れ - 毎日新聞

米国「死者全体の4割が黒人」 経済・医療格差原因か 米国の死者2万人超に 感染「第2波」の恐れ - 毎日新聞

11コメント 2020-04-12 20:43 | 毎日新聞キャッシュ

 米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染拡大が続く米国の死者数が11日、2万人を超え、イタリアを上回り、国別で世界最多となった。感染者数も52万人と突出し、感染拡大が止まらない状態だ。「震源地」となる東部ニューヨーク州では感染者の発生ペースは鈍化してきたが、「第2波」への警...

ツイッターのコメント(11)

黒人てよか低所得者なんじゃないかなァ。
🦠ブルックリン総合病院に勤める30代の看護師「40代の男性でも重症化して死んでいった。このウイルスは誰でも襲っていく。私たち(ニューヨーク州民)が耐えられるのか、いまが分かれ目だ。あなたは日本の人たちに『とにかく家にいろ』と伝えて」
膨大な無保険者の存在が背景にあるのでは?

朝日新聞デジタル
「黒人の被害が深刻化した原因として挙げられるのは経済格差だ。米コロンビア大大学院のアシュウィン・ワサン准教授(公衆衛生)は「毎日、仕事をするために外出せざるを得ず、結果的に新型ウイルスに身をさらしている。自宅で勤務できる環境にはほど遠いのが実情だ」と指摘」
「あなたは日本の人たちに『とにかく家にいろ』と伝えて」。ブルックリンの病院の看護師は電話口の向こうでそう叫びました。ICUが増えても人員は不足しているなど課題もあります。

米国「死者全体の4割が黒人」
「病床を増やしても、人工呼吸器などを扱える看護師がずっと不足している。疲労がピークだ。この前は同時に患者3人の心拍数の低下を伝える警報音が鳴って、パニックになった」
約1500人が新型コロナで死亡している米ニューヨーク市ブルックリン地区の看護師は「40代の男性でも重症化して死んでいった。日本の人たちに『とにかく家にいろ』と伝えて」と訴えました。
"ニューヨーク・タイムズ紙によると、中西部イリノイ州では、黒人人口の割合は15%に過ぎないが、感染者の28%、死者の43%を占める。"
これが格差拡大社会の現実。日本も下級国民は検査もなし、入院もなし、命の選別されてということになるかも。国会議員はすぐに検査し、入院して、最高級治療。
長年放置された人種問題がズシリとのしかかっているのか。全米のコロナの死者の4割は低所得の黒人だという統計も。米国内の死者は2万人を突破…。 NY支局の隅記者、ワシントンの鈴木記者
以上
 

いま話題のニュース

PR