TOP > 社会 > 3日違いの「外出禁止令」で明暗 3月19日の全米初の加州と22日のNY州 - 毎日新聞

3日違いの「外出禁止令」で明暗 3月19日の全米初の加州と22日のNY州 - 毎日新聞

15コメント 2020-04-08 17:22  毎日新聞

 新型コロナウイルスの感染者が世界最多の米国では、他州に先駆けて「外出禁止令」を出した西部カリフォルニア州が感染拡大を比較的鈍化させた一方で、数日遅れた東部ニューヨーク州では感染爆発状態が続く。外出禁...

ツイッターのコメント(15)

@Derive_ip @kumikokatase コロナがスピードが求められると思う理由の一つ
カリフォルニアとNYの外出禁止令3日の差
田崎「そうです、リーダーの判断でここまで違う」みたいな言い方してたけど、アベの判断、どんだけ遅いんだよ、って、なぜ言わないの💢⁉️
つーかニューヨークと比べたらカリフォルニアって圧倒的に自動車で移動する場所だとも思うし。
これを読む限り、日本がこのままほぼ無策でいれば感染が収束するようなことはまずあり得ないですね。

罰則を伴う外出禁止令くらい出さなきゃ。
国は「2週間ようすを見てから」と言ってるらしいけど、医療崩壊したニューヨークとギリギリ耐えてるサンフランシスコの「外出禁止令」は発令3日の違い。緊急事態を国はどう捉えているのか?
どの程度の措置をどのタイミングで出すかということが結果を分ける、という議論に異論はないが、他にも様々な要素があるはずで、カリフォルニア州はNY州に比べても自動車生活が多いなどの生活環境の違いはあるように思える。
どの口々が「8割は抑えたい」言うてんだ?
本気度ゼロ政治家を選んだのは誰だ?
一刻の猶予も許さないのに「様子見します」だとお、、ばかちんが。
わずか3日だが外出禁止令の時期が明暗分ける
3月16日 NYの感染者1000人→飲食店の店内利用禁止
3月17日 知事は外出禁止令に反対
3月19日 カリフォルニアの感染者1000人→外出禁止令
3月22日 NY州の感染者1万6000人→ようやく外出禁止令
LA支局の福永記者が執筆
こういう有意義に見える記事なのに無情にも有料……。
せめて新型コロナウイルス感染関連だけでも無料開放してくれませんか?
外出禁止令の発令時期の違いが明暗を分けており、日本でも同様の措置が取り沙汰された場合、判断の参考になりそうだ。
◎日本もそのような状況を迫られた場合、
いくらドケチ政府はでも個人補償と外出禁止令を
セットにせねばならない。
たった三日のズレでここまで違うもの?当たって欲しくない分析だが
こちらの記事にあるように「外出禁止」の数日の差が、その後の状況を大きく左右するようですね。日本はそもそも「外出禁止」措置を取っていないわけですが。
米カリフォルニア州とニューヨーク州で、外出禁止令の発令時期の違いが明暗を分けています。日本でも同様の措置が取り沙汰された場合、判断の参考になりそうです。
感染爆発状態のニューヨーク州と比較的落ち着いているカリフォルニア州の明暗を分けたのは、外出禁止令の早さとみられています。データを交えて分析しました。
今後の日本にとっても参考になると思います。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR