TOP > 社会 > ヤングケアラー~幼き介護:家族を介護する「ヤングケアラー」支援条例 埼玉県制定へ 全国初 - 毎日新聞

ヤングケアラー~幼き介護:家族を介護する「ヤングケアラー」支援条例 埼玉県制定へ 全国初 - 毎日新聞

13コメント 2020-03-26 06:32  毎日新聞

 通学や仕事をしながら家族を介護する子ども「ヤングケアラー」の支援を盛り込んだ全国初の条例案が、27日に埼玉県議会で可決・成立し、31日に施行される見通しだ。教育の機会の確保など、県内の学校や教育委員...

ツイッターのコメント(13)

《堀越栄子・日本女子大名誉教授(家政学)の話 家族による介護を当然視する日本社会で、ケアラー全体を支援対象とする条例案は画期的だ》
素晴らしいです。
ヤングケアラーは今後、ますます課題になってきます。そして、顕在化しにくいという課題があります。
行政制度もそうですが、学校で関わる教員もこのような実情にあるということを認識しなければなりません。
@krnn1110 はい!
これも呟いたつもりが、どういう訳か消えてしまいました😢
まだまだ、Twitter & Facebook の初心者です。
全国初-毎日新聞

ヤングケアラーへの最善の支援はよ、要介護状態の年寄りの安楽死を条例で認めて斎場で気軽に安楽死させられることだぜ。100歳まで生きられたら40年縛られるんだからな。
↓これ、あとで詳しく調べる。
家族だからと幼い子に負わせることではない。
応援したい。
ヤングケアラー支援条例
埼玉県議会
度々、介護する家族への支援が必要だと言ってきましたが埼玉県で条例が制定されるようです
学習に支障が生じたり、好きな趣味・部活を諦めざるを得ない環境にいる「ヤングケアラー」が沢山いる。

しかし、全国的な実態調査や定義付けもされていない現状。これを機に国にも行ってほしい

▶︎家族を介護する「ヤングケアラー」支援条例
の支援を盛り込んだ全国初の条例案が、今月27日に埼玉県議会で可決・成立し、31日に施行される見通しです。国に先駆けての取り組みで今後波及する可能性があり、その実効性に注目しています
「ヤングケアラーは早期発見が重要なため、子どもが長い時間を過ごす学校の役割が明記された点は大きい」。ほう。
教育の機会の確保など、県内の学校や教育委員会に支援を義務づけ、県は具体策を盛り込んだ推進計画を策定します。
ヤングケアラー~幼き介護:家族を介護する「ヤングケアラー」支援条例
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR