TOP > 社会 > 江戸の世に現れ海に消えた妖怪「アマビエ」に注目 疫病退散の御利益? - 毎日新聞

江戸の世に現れ海に消えた妖怪「アマビエ」に注目 疫病退散の御利益? - 毎日新聞

15コメント 2020-03-22 10:22  毎日新聞

 新型コロナウイルス感染拡大が懸念される中、疫病退散の御利益があるとされる妖怪「アマビエ」が注目を集めている。江戸時代の瓦版に登場する妖怪で「疫病が流行したら私の姿を描いた絵を人に見せなさい」と言って...

ツイッターのコメント(15)

新型コロナウィルスにささやかな抵抗だ!!
お札の1番の効能ってこういう所にあるのでは?
必要以上の不安を減じる。
非科学的と一刀両断される向きもあるだろうが、曖昧な存在が人々を救うこともあるということか。
こうして機能していくの、妖怪の魅力と需要のある一つのかたちよね。
キャラ立ちや知名度でアマビエだけになってるけど、アマビコくだん神社姫…他の存在にももっとスポット当ると嬉しいな。
火付け役は誰なのか。面白い
こんなもん新聞記事にする?
やること間違えていない?
Twitterで話題!www
日本人、信心深いのかふざけてるのか二択だとおもたw
こういうの日本人ぽいよねぇ。
ほんわかニュースなんだろうけど、そもそもこの時期にワークショップするか?
西原理恵子が「江戸時代に自分が描いたものだ」と主張している。なう。
ことの真偽はともかく、みなさんが描くアマビエがめちゃかわなので、ワイは眼福。
江戸時代の瓦版に登場する妖怪で「疫病が流行したら私の姿を描いた絵を人に見せなさい」と言って海に消えたと伝わる。
あまり興味なくて調べてなかったけどアマビエってこういう話だったんだ >
疫病退散の御利益があるとされる妖怪「アマビエ」。江戸時代の瓦版に登場し「疫病が流行したら私の姿を描いた絵を人に見せなさい」と言って海に消えたと伝わります。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR