TOP > 科学・学問 > 小惑星リュウグウはスカスカ 「インスタントコーヒーのよう」 JAXA、英科学誌電子版に発表 - 毎日新聞

小惑星リュウグウはスカスカ 「インスタントコーヒーのよう」 JAXA、英科学誌電子版に発表 - 毎日新聞

10コメント 登録日時:2020-03-17 06:47 | 毎日新聞キャッシュ

 探査機「はやぶさ2」による観測で、小惑星リュウグウは隙間(すきま)が多く「スカスカ」の状態であることが分かったと、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などのチームが17日、英科学誌ネイチャー電子版に発表した。JAXAの岡田達明准教授は「つまんだら細かく砕け散るインスタントコーヒーのようだ」と話す。...

ツイッターのコメント(10)

タッチダウンの時にめり込まなくて良かったと思ってしまった…
黒砂糖とかもそういうイメージ(個人の感想です)。
フリーズドライで出来たのか/
「インスタントコーヒー」というよりも「おかき」と言ったほうが当たってる気がする。
はや2くんの観測成果です。リュウグウはインスタントコーヒーのようなのだそうです。太陽系天体の形成過程も見えてきました。
小惑星 はスカスカ
興味深いね。>
探査機はやぶさ2による観測で、小惑星リュウグウは隙間が多く「スカスカ」の状態であることが分かりました。
ほう。↓

「太陽系は46億年前、ガスやちりが集まってできたと考えられており、リュウグウのような小惑星は、ふわふわとしたちりが、地球のような固い天体に進化する途中の姿を示している可能性があるという」。
以上

記事本文: 小惑星リュウグウはスカスカ 「インスタントコーヒーのよう」 JAXA、英科学誌電子版に発表 - 毎日新聞

いま話題の記事