TOP > 社会 > 「みんなからの勇気、忘れない」孤児となった兄弟の震災9年 岩手・陸前高田 - 毎日新聞

「みんなからの勇気、忘れない」孤児となった兄弟の震災9年 岩手・陸前高田 - 毎日新聞

13コメント 2020-03-09 12:37 | 毎日新聞キャッシュ

 「みんなに支えられて勇気をもらったことを忘れない」。岩手県陸前高田市の県立高田高校3年、及川佳紀さん(18)は3月1日、卒業式後にクラスメートや一緒に汗を流した柔道部の仲間と笑顔で写真に納まり、学びやを巣立っていった。今年も「あの日」が巡ってくるが、「悲しいと思うことはない」。それは「小学校でも中...

ツイッターのコメント(13)

上手くいえないけど💦

この兄弟に幸あれ✨
この兄弟の祖母さんも素敵💖
どれほどつらかったことだろう。どれほど耐えてきたのだろう。弟さんやお祖母様がいたからがんばれたのだろうし、「かわいそう」で一括りにしなかった周りの支えも素晴らしいと思う。どうかこの先も素敵な未来が待っていることを願っています。ご卒業おめでとうございます。
この記事を書いているのは面識はありませんがカメラマンです。取材を継続あるいは過去にしているカメラマンの写真は、読み手の胸を打ちます。
写真 - 毎日新聞
天国の御両親が祖母様と息子さん2人を守ってくださり、成長を微笑ましく見守ってくれる😂これからの人生、夢に向かってこの先、幸多かれと願います
あれから、9年。
忘れちゃいけない。
頑張ろう。強く生きよう。
未来のOT.待ってるぞ! 岩手・陸前高田(毎日新聞)
息子とほぼ同年代。。。
ご両親はどんなに無念で心配だったろう
ぜひこの兄弟には幸せになってほしい。
そしておばあちゃんも同年代。
ほんと、この9年間おばあちゃん大変だったね~
報われる幸が多くありますように。
タ…タイトルやめ…
卒業おめでとう→
3.11当時報道ステーションにいた私は彼らをずっと取材していました。

当時小学生だったお兄ちゃんが高校を卒業。この笑顔に胸が熱くなる。当時と同じ記者が今もこうして取材をしていることに心から敬意。

記者を離れてもずっとずっと3.11を忘れない。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR