TOP > 社会 > 「疫病退散」新型コロナ早期終息願い大祈とう会 奈良・金峯山寺 - 毎日新聞

「疫病退散」新型コロナ早期終息願い大祈とう会 奈良・金峯山寺 - 毎日新聞

11コメント 2020-03-06 17:17  毎日新聞

 奈良県吉野町吉野山の金峯山寺で6日、新型コロナウイルス感染の早期終息を願う大祈とう会が行われた。大峯山寺(同県天川村)と合同で、「とも祈り・疫病退散」と題して実施。同時刻に、全国の寺社や家庭、職場で...

ツイッターのコメント(11)

するするっと収束し、世界が驚愕、護摩祈祷の有効性が後に科学的に証明されるとか無いかなー・・・。
やっぱり祈祷するしかないんだ‼️
ドーマンセーマン(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎あくりょーたいさん(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎→
どんな近代国家でも、この期に及んでは感染予防と祈ることくらいしか民にはできることがない。
---
手の施しようのないコロナ汚染の広がりに叶わぬ時の神頼み。『「疫病退散」新型コロナ早期終息願い大祈祷会 奈良・金峯山寺』もう神に頼るしかない?受験シーズンでもあるし、人智を超えた力に期待する?京都の祇園社(八坂神社)も疫病退治で有名だ。祭神は八岐大蛇の素戔嗚尊
そろそろ大仏建立したほうがいいんじゃないか。
間違いなく他にやることがあるはず。仏教は時代に合わせて知見をアップデートしてきた。キリスト教とは違う。
早く大仏建立をだな…。
非科学的なことは信じない者が多いが、宗派ごとに行われる重要な儀式の一つ。
僧侶達の祈が届くことを願う。
735年から737年
天然痘の大流行により
当時の日本の総人口の
25から35%の人々が亡くなった
天平の疫病大流行

この出来事により
聖武天皇が東大寺と
盧舎那仏像(奈良の大仏)を
作らせたことを知る人は少ない

1200年以上経った今も
人々は天災に祈り続ける
(。・ω・)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR