TOP > 社会 > 新型コロナ対策「最悪を想定」、首相会見「丁寧に説明、質問受けた」 官房長官会見詳報 - 毎日新聞

新型コロナ対策「最悪を想定」、首相会見「丁寧に説明、質問受けた」 官房長官会見詳報 - 毎日新聞

11コメント 2020-03-02 13:37 | 毎日新聞キャッシュ

 新型コロナウイルス感染症を巡って、2日午前の菅義偉官房長官の記者会見で質疑があった。菅氏は、今後の対応について「一定の地域で急激な感染の拡大が見られた場合など、常に最悪の事態を想定し、あらかじめ備えることが必要だ」と強調。「新型インフルエンザ等対策特別措置法と同等の措置を講じることが可能となるよう...

ツイッターのコメント(11)

首相の2月29日の記者会見について

菅氏
「丁寧に説明され、質問を受けたと思う」

…官房長官の回答は、多くの人に投げやりと写り信用されていないと思います。
自公政権はなぜ必要なのでしょうね

「総理は丁寧にそして真摯に質問こたえられたのではないでしょうか」って秋田訛りで言いそうだな。
最悪にしたのは安倍政権だって自覚あります?

ほんと、辞任してほしいし、逮捕されてほしい。
心の仲値で受けた。とか言い出しそう。アレは説明出来ない内閣だ。
>丁寧に 
御冗談を。
会食には深夜まで付き合えても、国民への説明は30分でいいということか。クズ政権。
「予定した時間が経過したから終わった」って言い訳が総理なら通用するのはなぜなんだ?
丁寧に説明、質問受けた」。2月29日の安倍首相の会見について、菅氏が述べました。
いずれにしろ総理は今回の新型コロナウイルスへの対応全般について丁寧に説明され、そしてまた質問を受けたというふうに思ってます。事前の案内は20分程度という形で会見を行いましたけど、結果的に30分間だという報告を受けています。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR